CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-391「エスケイプ・フロム・トゥモロー」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/04/12 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

素晴らしき妄想だ
 何をやってもうまくいかず、ある朝、会社からクビを言い渡された中年アメリカ人のジムは、口うるさい妻エミリーや言うことを聞かない2人の子供たちを連れて、魔法の城や妖精やプリンセスたちのいるテーマパークにいた。
 夢と魔法で現実逃避しようとするジムだったが、そこに現れた黒いプリンセスによって幻想の世界に入り込んでしまい、家族旅行は、妄想と奇妙な出来事にあふれたシュールな悪夢に変貌していく。(「KINENOTE」より)


 人気テーマパークに家族を連れて訪れた男が不気味な幻想の世界に取り込まれていく様子を描いたダーク・ファンタジー。

 人気テーマパークでゲリラ撮影した作品ということが、謳い文句になっており、そのテーマパークは必ずしも楽しい夢の国に非ずということを描いているというようなことも謳っている。

 全編モノクロで綴られている。


 正直舞台となったテーマパークには、それ程興味があるわけではないので、そこに描かれるちょっとした意味も理解できずにいたな。


 何かと口うるさい妻と幼い息子と娘を伴ってテーマパークを訪れたジム。
 しかし、その朝会社からクビを言い渡されて、そこからジムの悪夢が始まっていく。


 お父さんは大変、という日常的なことから始まっていくが、ジムがパーク内で見かけたフランス人娘に惹かれたことから、更なる奇妙な幻想に誘われる。

 
 人気テーマパークを舞台にしなくても、この手の奇妙な幻想に引き込まれていくという話は、よくあるかな。

 パーク内で出会った女性が、七面鳥の肉のことを話しているシーンは、これはパーク内の話に限らず、何かと巷で問題になっていることではあるな、と思う。


 後半、ジムの身に起こる奇妙な幻想は、どんどん拍車がかかってくるのだが、これは幻想的というよりも、結構グロテスクなものと言えるかな。


 果たしてジムの行き着く先はどうなるのだろう、ということは気になるが、この手の幻想、妄想ワールドの話というのは、やっぱりよく判らない、というのが正直な感想。

 人で混雑している場所へ行くと、病気をうつされることもあるということか。

/5

監督:ランディ・ムーア
出演:ロイ・エイブラムソン、エレナ・シューバー、カテリン・ロドリゲス、ジャック・ダルトン、アリソン・リーズ=テイラー
    アネット・マヘンドル、ダニエール・サファディ、スタッス・クラッセン、エイミー・ルーカス
於:角川シネマ有楽町

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エスケイプ・フロム・トゥモロー
【概略】 突然会社をクビになった中年男のジムは、家族に失業を悟られないようにするため、魔法の城や妖精たちが待つ夢と魔法の国へ家族旅行に出掛けるのだが…。 ホラー ...続きを見る
いやいやえん
2015/04/13 12:54
エスケイプ・フロム・トゥモロー
つまんなかった! ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/04/24 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-391「エスケイプ・フロム・トゥモロー」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる