CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-374「ダイバージェント」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/03/27 01:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

一つの派閥に納まりたくない
 近未来。人類は最終戦争の教訓を糧に、国家や宗教という概念を捨て、新たな社会体制を築き上げていた。それは、人類を性格ごとに“勇敢”、“高潔”、“平和”、“無欲”、“博学”という5つの共同体に振り分け、それぞれが与えられた役割を担うことで社会を支えるという仕組みになっていた。
 人々は16歳になると“選択の儀式”と呼ばれる性格診断テストを受け、診断結果が示した共同体への所属を義務づけられる。そして、その5つに該当しないと診断された者は異端者=ダイバージェントと呼ばれ、危険分子として秘密裏に抹殺される運命にあった。
 そんな中、“無欲”出身のベアトリスは選択の儀式を迎えるが、結果は非情にも異端者と診断されてしまう。しかし彼女を不憫に思った検査官トーリの計らいで判定は改ざんされ、“勇敢”へと加入できることに。
 こうして彼女は名前もトリスと改名し、異端者であることをひた隠し、軍事・警察機能を担う“勇敢”で、過酷な戦闘訓練に身を投じていくのだったが。(「allcinema」より)


 近未来を舞台に、人類が5つの共同体に分かれて暮らしている中、その5つのどのグループにも適性がない異端者(ダイバージェント)≠ニ診断されたヒロインの運命を描いたSFアクション。

 
 16歳になったヒロインが、過酷な運命に立ち向かおうと奮闘する話は、どうも雰囲気的に「ハンガー・ゲーム」を思い出してしまう。


 無欲(アブネゲーション)≠フ家庭で育ったベアトリスは16歳になって、共同体の適性テストを受け、そこで異端者と診断されるが、検査官の計らいで判定を変えられる。

 その時点で、異端者は恐れられた存在で、世界を変えうる力を持っているが、狙われるかもしれない存在だと言われる。
 ベアトリスが、そんな異端者としての荷を背負いながら、立ち向かっていくような話かと思っていたが、異端者としての話はなかなか展開しない。

 ベアトリスは両親とは違う勇敢(ドーントレス)≠選ぶ。

 勇敢と言うよりも、無鉄砲という感じの集団のような感じだが、そんな勇敢に属して、訓練に奮闘する、トリスと改名したベアトリスの姿が、結構長々と描かれる。

 加えて、何となくトリスのことを気にかけるフォーとのロマンスっぽい雰囲気もあり、徐々に強くなっていくベアトリスが、いかにもヒロインという感じで描かれている。


 何となく博学(エリュダイト)≠スちの様子が怪しげであったり、何者かによって異端者狩りが行われようとし、終盤ようやく物語が展開していくという感じである。

 とりあえずクライマックスとなる戦いはあったりするが、何となくまだまだ話は続くという感じで終わり、いかにも続編意識しているな、と思ったら、元々3部作構想だったんだな。

 「ハンガー・ゲーム」ほどのヒットじゃなかったという印象で、ちゃんと続編作るのかな、と思ったが、2作目がアメリカで公開されたようで、日本でも夏頃公開予定のようである。
 とりあえず続きが観られるのは良かった。


 異端者という立場が、まだ活かされていない感じで、何となく少女の恋と成長物語に終始している感じではあったが、5つの共同体など、設定としては面白い部分もあり、掴みの話としては面白かったかな。

/5

監督:ニール・バーガー
出演:シャイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、アシュレイ・ジャッド、ジェイ・コートニー、レイ・スティーブンソン
    ゾーイ・クラヴィッツ、マイルズ・テラー、トニー・ゴールドウィン、ケイト・ウィンスレット、マギーQ
於:TOHOシネマズ有楽座

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ダイバージェント
【概略】 最終戦争から100年後の近未来。16歳のベアトリスは、強制的に選別される5つの共同体に該当しない異端者と診断され…。 SFアクション ...続きを見る
いやいやえん
2015/03/28 09:50
ダイバージェント
まだ『ハンガーゲーム』の方が面白かった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/04/08 00:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-374「ダイバージェント」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる