CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-369「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」(中国・香港)

<<   作成日時 : 2015/03/21 01:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

泳げる日も遠くない
 西暦665年、唐朝末期。皇帝・高宗と皇后・則天武后が敵国に送り出した10万の水軍が、何者かの襲撃を受けて全滅する。“海の神・龍王”の仕業との噂が広まり、その怒りを鎮めるために若い女の人身御供が必要となる。
 そんな中、花の都・洛陽に赴任した若き判事ディー・レンチェ。
 ある時、美しき花魁インの誘拐事件に巻き込まれた彼は、医官のシャトーや司法長官ユーチと手を組み、事件の解明に乗り出す。
 やがてインをさらおうとした異形の怪物の正体へと迫っていくディーだったが。(「allcinema」より)


 ロバート・ファン・ヒューリック原作の、ディー判事シリーズの映画化、「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」に続く第2弾。
 監督は前作と同じツイ・ハークであるが、前作の前日譚という設定で、若きディー判事を演じるのは、アンディ・ラウに代わり、「モンガに散る」「So Young 〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜」のマーク・チャオ。


 唐朝末期、海軍が送り出した10万の水軍が海上で全滅。
 海の神、龍王の仕業だと噂され、その龍王の怒りを鎮めるため、洛陽一の美女、花魁のインが人身御供にされようとしていた。

 しかし、インの誘拐事件が発生し、ちょうど洛陽に赴任してきたディーも事件に巻き込まれていく。


 推理モノというよりも、怪奇アクション・スペクタクル・アドベンチャーという感じの作品。

 妖術やら、怪物やらが登場し、一応それにはもっともらしい理由をつけて、超現実的にはならないようにしているが、それでも非現実感は否めないかな。

 加えて、得意のワイヤーを絡めたアクションを繰り出し、一大エンターテインメントに仕上げている。


 この手の作品は、好き嫌いが分かれそうな作品ではあるが、個人的には、アクションもスピード感があり、更に妖術、怪物の登場と、その原因を見極める展開、解決の件など、充分楽しめる一本だった。

 
 それなりに解決していくディーではあるが、クライマックスには彼の前に怪物登場。

 一体どういう風にこの怪物を退治するのかと思ったが、なるほど、これまた現実的な対処方法だったな。


 奇想天外という言葉が似合いそうな作品であるが、なかなか面白く、ちょっと「ドラゴン・フォー 秘密の特殊捜査官」シリーズに似たような雰囲気の作品。

 できれば、更なる続編を期待したい一本である。

/5

監督:ツイ・ハーク
出演:マーク・チャオ、キム・ボム、ウィリアム・フォン、ケニー・リン、アンジェラベイビー、カリーナ・ラウ、チェン・クン
於:シネマート六本木

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪
【概略】 唐朝末期。10万人に及ぶ水軍艦隊が謎の影の襲撃を受け全滅する。若き判事、ディー・レンチェはこの怪事件を調査することになるが…。 アクション ...続きを見る
幻燈キネマ
2015/03/21 08:22
ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪
まぁ面白かったけど、個人的には前作の方が見応えあって好きかな。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/04/08 00:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもTBありがとうございます
「いやいやえん」のmakiです
こちらからの返信TBも確実に届くと良いのですが、
たまーに届かない時があるんですよねえ;

本日、長年愛用してきたブログタイトル
「いやいやえん」を変更いたしましたのでご連絡します
「幻燈キネマ」と名前は変わるものの、中身は変わらないので
変わらずのTBを歓迎いたします^^
maki
2015/03/21 08:25
makiさん、いつもTBありがとうございます。
そしてご報告ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

こちらへのTBは、設定していないにも関わらず
勝手にスパムとして保留してしまうことがあるんですよね。
面倒臭いですけど、これからもよろしくお願いします。
CINECHAN
2015/03/22 02:09
こんにちは。
ブログ名変更の件ですが、
いろんな方からの要望と応援があり、
考慮の末、「いやいやえん」のままで行く事にしました
二手間とご迷惑をおかけしますが、
どうぞそのままご使用下さい
宜しくお願い致します
maki
2015/03/22 09:53
makiさん
再度のご報告ありがとうございます。

何か色々あるみたいですが、
今後もよろしくお願いします。
CINECHAN
2015/03/23 00:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-369「ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪」(中国・香港) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる