CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-340「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/02/19 01:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

死に方は数百万通りもあるけれど
 時は西部開拓時代。生まれる時代と場所を間違えた臆病なオタク青年アルバート。マッチョな男たちがささいなトラブルで殺し合いを繰り広げる野蛮なこの町で、羊飼いをしながらひっそりと暮らしていた。
 そんなある日、酒場の乱闘騒ぎに巻き込まれたアルバートは、ひょんなことからミステリアスな美女アナと恋仲に。射撃の名手でもあった彼女に銃の手ほどきを受け、少しずつ男としての自信をつけていくアルバート。
 ところがそこに、泣く子も黙る西部一の大悪党クリンチが現われる。なんと彼は、アナの旦那だったのだ。
 案の定、クリンチの怒りを買ってしまい、絶体絶命の窮地に陥るアルバートだったが。(「allcinema」より)


 「テッド ted」のセス・マクファーレン監督が、1882年の西部開拓時代のアリゾナを舞台にして撮り上げた西部劇。

 西部劇と言えども、「テッド ted」のセス・マクファーレンということで、下ネタやギャグ満載の、超お下品コメディになっている。

 しかも、西部劇らしいと言えるのか、人もどんどん殺されていく。


 オタクな羊飼いアルバートは、闘いを好まず、臆病者扱いされ、心底町が嫌いで、都会に出たがっていた。

 そんなアルバートの前に、射撃も得意なミステリアスな美女アナが現れ、アルバートと彼女は急接近していく。

 しかし、アナは西部一の大悪党、クリンチの妻で、アナに近づいたアルバートをクリンチはぶっ殺そうとする。

 果たして、アルバートはクリンチを倒し、アナをモノにすることができるのか。


 全然知らなかったが、アルバートを演じていたのは、セス・マクファーレン監督自身だったんだな。

 射撃も全く下手で、どう考えてもクリンチの相手にはならなそうなアルバート。
 アナのことが好きでも闘うことはできないと最初は考えるが、それでもアナを守るため、そして自らを変えるために闘うことを決意する。

 最後は決闘で終わるというのは、西部劇らしいクライマックスだったかな。

 
 それにしても、下ネタギャグのオン・パレードだったな。

 アルバートが、元カノを奪った嫌味な金持ちフォイと決闘する破目になるシーンでフォイの身に起こったこと。

 更に、アルバートの親友であるエドワードと、その恋人で娼婦のルースとの関係。

 笑ってしまうが、顔をしかめてしまうようなギャグが多かった。

 下ネタ苦手な人には、ちょっと厳しい作品だったかな。


 驚かされるのは、ビックリするような人が登場していたりすることであるが、アルバートが深夜に納屋を覗いてみたら、そこにいたのは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

 ラストに祭りの射的をするのは、「ジャンゴ 繋がれざる者」

 他にも何人か。


 クリンチ演じるリーアム・ニーソンのお尻丸出しに花一輪には笑ってしまったな。


 正直、個人的には溢れんばかりの下ネタ、下品ギャグに、ちょっと引き気味になり、物語の展開そのものにも、それ程驚きも無く、今ひとつの印象で終わった作品だったな。

/5

監督:セス・マクファーレン
出演:セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、リーアム・ニーソン、ジョヴァンニ・リビシ
    ニール・パトリック・ハリス、サラ・シルヴァーマン、クリストファー・ヘイゲン、ウェス・ステューディ
於:TOHOシネマズ シャンテ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画:荒野はつらいよ アリゾナから愛をこめて A MILLION WAYS TO DIE IN TH...
世界中で大ブーム「テッド」の監督だけでなく、アカデミー賞の司会を軽々とこなしたセス・マクファーレン。 (ゴイス!) ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2015/02/21 08:34
荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜
当初、思ってたよりも結構面白くて笑えた。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/03/01 01:18
荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて
【概略】 西部開拓時代のアリゾナで暮らす羊飼い・アルバートは、決闘を挑まれても逃げ出す地味なオタク。彼は射撃の腕が立つ美女・アナと恋に落ちるが…。 コメディ ...続きを見る
いやいやえん
2015/05/28 09:13
映画評「荒野はつらいよ〜アリゾナより愛をこめて〜」
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督セス・マクファーレン ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/02/05 09:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-340「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる