CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-338「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」(フランス)

<<   作成日時 : 2015/02/17 01:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

おとぎ話のような人生こそ、おとぎ話
 1956年、人気絶頂の中、26歳という若さで突然ハリウッドから引退し、モナコ大公レーニエ3世の妻、モナコ公妃となる道を選んだグレース・ケリー。その“世紀の結婚”から6年、彼女はいまだに宮中のしきたりに馴染めず、孤立感を募らせる息苦しい毎日を送っていた。
 そんな時、ヒッチコック監督から次回作「マーニー」のヒロイン役を直々にオファーされ、心ゆれるグレース。ところが折しも、モナコが国家存亡の危機に直面してしまう。フランスのド・ゴール大統領がモナコに過酷な課税を強要し、一触即発の緊張状態に陥ってしまったのだ。
 大国フランスを相手にやがて万策尽きるレーニエ。そんな夫を支え、愛する家族と国家を守るため、グレースはある覚悟を胸に行動を開始する。(「allcinema」より)


 ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリー。
 名前は聞いたことは何度もあったが、出演作は観たことがあったかな。
 調べてみたら、「裏窓」「ダイヤルMを廻せ!」に出ていたようである。


 世紀の結婚≠ニ言われたモナコ大公とグレース・ケリーの結婚であるが、本作の物語は結婚してから6年が経ったグレース・ケリーの置かれた立場と公妃としての苦悩が描かれている。

 フランスがモナコ公国内にある企業に対し、税を徴収しようとし、従わなければモナコをフランス領にすると伝えてくる。

 国の存亡がかかった中で、多忙となった夫のレーニエ公に相手にされず、自分の居場所を見失ってしまうグレースは、ハリウッド復帰を考える。

 
 ヒッチコックも登場して、今度作る映画「マーニー」の主演をグレース・ケリーに依頼する。
 「マーニー 赤い恐怖」はリバイバルで観たことはあったが、主演がグレース・ケリーだったかは憶えてなかったな。
 違ったような気はしたが、グレース・ケリーがハリウッドに復帰するのかどうかも興味深かったな。

 
 国のために何かをしようとしても、あまり相手にされず、更に国の危機に奔走する大公にもあまり構ってもらえなくなったグレース。

 離婚まで考えるが、彼女を支えるタッカー神父の助言により、国を守るための一大決心をする。

 全く政治には疎く、飾り物のように思われていたグレースが、国を救うために、ある特訓をする。

 物語として、果たしてグレースがどのようなことをして国を救うのか気になったな。

 そんな中で、フランスのスパイが潜んでいるという展開もあり、ちょっとサスペンス的な要素もあって面白かった。


 ハリウッド女優から公妃という、全く違う世界に入ったグレースの苦悩と、モナコ公国消滅の危機を描き、果たしてどのような結末になるのか気になる展開。

 
 クライマックスの展開は、戦争になるかもしれないという中で、本当に平和的に解決した、画期的な結末であったと共に、グレースが真の公妃として認められた瞬間だったかもしれない。
 女優魂と公妃としての責任感がなせる業だったんだろうな。

/5

監督:オリヴィエ・ダアン
出演:ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ、パス・ベガ、パーカー・ポージー
    マイロ・ヴィンティミリア、デレク・ジャコビ、ロバート・リンゼイ、ジェラルディン・ソマーヴィル、ニコラス・ファレル
於:TOHOシネマズ有楽座

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」 彼女の国の守り方
ハリウッドで人気絶頂であった女優グレース・ケリーが、モナコ公妃になると発表された ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2015/02/22 09:04
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
【概略】 “世紀の結婚&quot;から6年経った1962年、グレース・ケリーは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも控えめでいることを望まれる。そんなある日グレースがヒッチコックからのハリウッド復帰の誘いに心を動かされたとき、レーニエは過去最大の危機に直面する。フランスのド・ゴール大統領が過酷な課税をモナコに強要、承諾しなければ「モナコをフランス領にする」という声明を出したのだ。 ドラマ ...続きを見る
いやいやえん
2015/05/11 15:14
映画評「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年フランス=アメリカ=ベルギー=ドイツ=スイス合作映画 監督オリヴィエ・ダアン ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2015/10/18 09:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-338「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」(フランス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる