CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-321「女子ーズ」(日本)

<<   作成日時 : 2015/01/29 01:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

苗字に色が入っているから
 謎の司令官チャールズによって結成された女子だけの5人組戦隊“女子ーズ”。選抜基準はただ一つ、名前に色が入っていること。
 こうして不本意ながらもチャールズにスカウトされ、平和のために怪人たちと戦うことになったのは、仕事熱心で真面目なリーダーの“レッド”赤木直子、気の強い口ワルギャルの“ブルー”青田美佳、極貧のバイト掛け持ち“イエロー”黄川田ゆり、素直な大根劇団員の“グリーン”緑山かのこ、おっとりお嬢様の“ネイビー”紺野すみれの5人。
 そんな彼女たちの武器は無敵の必殺技“女子トルネード”。
 それは、5人揃ったときに初めて繰り出せる技だったのだが。(「allcinema」より)


 謎の司令官によって選ばれた5人の女子が、地球を征服しようとする怪人たちと闘う特撮アクション。
 ではあるが、怪人との対決よりも、何かと個人の用事を最優先させてしまい、なかなか5人が揃わず、怪人を待たせる。

 怪人との対決を描きながら、それぞれの女子事情を描いたコメディである。

 監督は「HK/変態仮面」「コドモ警察」の福田雄一ということで、微妙な笑いを交えて、ゆる〜い作品になっている。

 
 ただ、名前に色が付いているというだけで選ばれた5人の女子。
 今ひとつ納得いかないながら、とりあえず正義の味方をやってみる5人。

 5人を集めた謎の司令官、チャールズを演じたのが「幼獣マメシバ」の佐藤二朗。
 5人とチャールズとのやり取りが時に面白く、時にグダグダ。


 現れた怪人といざ勝負、というところで一人が来ていなくて、怪人を待たせて呼び出しをかけるなど、全体的にゆる〜い感じで展開される。


 赤色ということでリーダーになった、レッドこと赤木直子は、ちょっと生真面目で、闘いに集合しない他のメンバーを叱咤激励するが、仕事にも熱心で、ある時会社から大きなプロジェクトを任される。
 そんな中、怪人登場の報せが入るが、大事な仕事ということで、闘いよりも仕事を優先させる。


 レッドが来なかったことで、大きなひびが入ることになるメンバーの絆。
 再び共に闘うために、レッドがメンバーの下を訪れて、侘びと説得を行う。
 
 そこからすんなり物語は展開するかと思ったが、結構皆それぞれ事情があって、なかなか闘いの場に集まれない。
 そこで描かれるそれぞれの事情も面白いが、それをじっと待っているメンバーの様子もおかしかった。


 地球の平和を守るための正義の味方ではあるが、個人の事情もある女子たち。
 闘い云々というより、女子たちの友情や仕事、恋愛を描いたような作品である。

 ゆる〜い雰囲気は楽しめたが、ちょっとグダグダした部分もあって、微妙な感じだったな。
 その微妙さが味なのかもしれないが。


 女子ーズの5人を演じたのが、桐谷美玲に藤井美菜、山本美月、高畑充希、有村架純と、なかなか期待の若手女優ばかりで、彼女たちが出ているだけで楽しめるかな。 
 個人的には、桐谷美玲以外は今ひとつよく知らなかったのだが。

/5

監督:福田雄一
出演:桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月、大東駿介
    安田顕、岡田義徳、黄川田将也、皆川猿時、きたろう、佐藤二朗
於:新宿バルト9
「女子ーズ」DVD 片手間版
キングレコード
2014-11-19


Amazonアソシエイト by 「女子ーズ」DVD 片手間版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
女子ーズ
5人みんながめんこいわ。めんこいは正義。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2015/02/01 00:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-321「女子ーズ」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる