CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-296「バッド・マイロ!」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/01/02 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

お尻から出たものは、君の体の一部だ
 真面目でお人好しの平凡なサラリーマン、ダンカン。そんな彼の周囲には曲者と変人が勢揃い。その性格ゆえに誰にも不満をぶつけることもできず、いつしか彼のストレスは頂点に。
 すると、このところ変調を来していたお腹を猛烈な痛みが襲い、彼は意識を失ってしまう。
 そんなことがたびたび起きるようになるダンカン。折しも巷は、奇怪な連続惨殺事件で大騒ぎ。
 やがてセラピストに相談したダンカンは、自分の腹痛と殺人事件に関連があることを知る。なんと、彼のストレスが生み出した凶暴な怪物がお尻から出入りしていたのだ。
 セラピストの助言に従い、その怪物を手なずけるべく、マイロと名付けて一緒に暮らし始めるダンカンだったが。(「allcinema」より)


 生真面目な主人公の腸から飛び出した生き物が引き起こす騒動を描いたホラー・コメディ。

 
 ストレスを感じると腹部に痛みを感じたりするが、主人公のダンカンは、その腹痛が酷く、ついにそれが頂点に達した時、肛門から腸のかたまりのような生物が出てくる。

 そして、その生物はダンカンにストレスを与えた者を惨殺し、また肛門からダンカンの腸に戻る。

 とっても汚いお話ではあるが、笑える話である。


 ダンカンによってマイロ≠ニ名付けられたその生物は、見た目はおとなしめであるが、牙をむくととても凶暴。
 しかし、ほとんど怖さを感じることはなかったな。

 一度肛門から出て、相手を惨殺すると、また肛門から戻るというのがおかしかった。

 ダンカンはストレスを感じると、腹痛を感じるが、マイロを出さないように、何とか落ち着きを取り戻そうと必死になる。


 しかし、惨殺事件が世間の話題となると、ダンカンは家族に迷惑はかけられないと家を出て、マイロと二人だけの生活に入るが、ちょっとその二人の様子が微笑ましかったりする。

 また、ダンカンの相談にのる、ピーター・ストーメア演じる催眠療法師のハイスミスのキャラが際立っていたな。
 早々にマイロにやられるかと思ったが、意外と最後まで残っていたな。


 いったい、何故にダンカンの腸からマイロが出てくることになったのか、この騒動をどういう具合に収めるのか。
 顛末が気になったが、家族の意外な真実が明らかになり、ラストは家族の問題として解決される。

 結構凄惨な状況にもなったが、そこからちょっとホロリとさせるような展開にもなっているな。


 かなり突飛な展開と、お尻から出て、お尻から戻るというマイロも滑稽であったが、物語の展開は、あまり現実的ではない話でしょうがないが、こんなものかなという感じだったな。

/5

監督:ジェイコブ・ヴォーン
出演:ケン・マリーノ、ジリアン・ジェイコブス、ピーター・ストーメア、パトリック・ウォーバートン、スティーヴ・ジシス
    メアリー・ケイ・プレイス、スティーヴン・ルート、エリック・チャールズ・ニールセン、クメール・ナンジャーニ
於:新宿武蔵野館
BAD MILO!


Amazonアソシエイト by BAD MILO! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バッド・マイロ!
【概略】 仕事場の上司や両親など様々なストレスを抱えるダンカンは、猛烈な腹痛に襲われ記憶を失うようになる。同じ頃、彼の周囲では奇妙な惨殺事件が起こっていた。 ホラー・コメディ ...続きを見る
いやいやえん
2015/07/05 09:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-296「バッド・マイロ!」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる