CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-312「ブルージャスミン」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2015/01/19 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

誰がここから私を連れ出してくれるの
 ニューヨークでのセレブ生活が崩壊し、妹の住むサンフランシスコへとやって来たジャスミン。質素な生活を送る妹の厄介になりながらも、虚栄心が捨てられずに周囲にまるで馴染めない。おのずと精神もますます疲弊していく。
 それでも華やかな生活を諦めることができず、再びセレブな舞台への返り咲きを期して躍起になるジャスミンだったが。(「allcinema」より)


 「恋のロンドン狂騒曲」「ローマでアモーレ」のウディ・アレン監督の最新作。
 本作もウディ・アレン自身の出演はなかったな。

 富豪との結婚生活が破綻し、どん底から再出発を図ろうとしながらも、煌びやかな生活が忘れられず、悪あがきを繰り返し、身も心もすり減らしていく主人公の姿を辛辣に描き出すコメディ・ドラマ。

 そんな主人公、ジャスミンを演じたケイト・ブランシェットは、本作でアカデミー主演女優賞を獲得している。


 セレブ生活が破綻し、庶民的な生活をしている妹、ジンジャーの下に身を寄せるジャスミン。
 再出発ために新たな仕事をしながら、勉強をするジャスミンであるが、セレブな生活が忘れられず、庶民感いっぱいのジンジャーを非難したり、何かとセレブな生活で体験したことを口にする。

 まあ、庶民的感覚の人間からすれば、何とも嫌味な人間だと感じるし、自分の立場をもっと見るべきと感じるな。

 しかし、そんなジャスミンはエリート外交官のドワイトと知り合い、再びセレブな生活をさせてくれるのではないかと希望を持つ。

 そして、何とかドワイトの気持ちを自分に向けるため、ついつい嘘を重ねていく。

 
 端で見ていると、とっても痛々しくなり、不快にもなるジャスミンの様子。
 精神疾患にもなりかねない様子である。


 物語は、セレブな生活を送っていた頃のジャスミンの様子と、全てを失った後の様子が交互に描かれる。
 

 まあ、ジャスミンにはおそらく共感などできないだろうが、果たして彼女の奮闘が実を結ぶのか興味深かった。
 
 落ちたままの彼女を見ていた方が、溜飲下げるかもしれないが、「マッチポイント」のような作品があるウディ・アレンだけに、どんな結末になるか判らなかったな。


 セレブから転落した女性の悪あがきのようなものが描かれ、共感することはなかったが、ちょっとシニカルに描かれて、面白い話ではあった。

/5

監督:ウディ・アレン
出演:ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン
    ピーター・サースガード、ルイス・C・K、ボビー・カナヴェイル、アンドリュー・ダイス・クレイ
    マイケル・スタールバーグ、マックス・カセラ、オールデン・エアエンライク
於:シネ・リーブル池袋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブルージャスミン
【概略】 かつてN.Y.セレブリティ界の花と謳われながら、今では結婚生活も資産もすべて失ったジャスミンが、虚言と現実逃避を繰り返し、次第に精神のバランスを崩していく。 ドラマ ...続きを見る
いやいやえん
2015/03/21 08:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-312「ブルージャスミン」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる