CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-266「ひ・き・こ 降臨」(日本)

<<   作成日時 : 2014/12/03 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あなたは自分の復讐にしか興味がないの?
 SNSを通じて10年ぶりにかつてのクラスメイト、キリコとニコに再会したゆかり。意気投合した3人は、一緒に遊ぶようになる。
 小学校時代、いじめっ子グループに嫌な思いをさせられた3人は、ある出来事をきっかけに、警察が裁く事の出来ない罪人に復讐するためのサイトを立ち上げる。覗き魔やストーカーなどに復讐を繰り返し、その様子を動画共有サイトにアップ。視聴者数はぐんぐん伸び、賛同者も多数現れるが、それに伴ってニコとキリコは過激な暴力へと傾倒してゆく。
 2人の行動に次第に違和感を覚え、ニコの身辺を調べ始めるゆかり。すると、ニコという名前のクラスメイトがいなかった事が判明。やがてゆかりは、ニコによく似た“ひきこ”という名前のクラスメイトがいた事を思い出す。
 そんな時、ゆかりの身に更なる悲劇が襲いかかる。(「KINENOTE」より)


 「口裂け女」「テケテケ」など有名なものから「ひとりかくれんぼ 劇場版」「メリーさんの電話」など映画化されて初めて知った都市伝説などもあるが、こちらもこれまで聞いたことのなかったひきこさん≠ニいう都市伝説をモチーフにした作品。

 自分をいじめたり、バカにしたり、怖がったりした者を、肉塊になるまで引き摺り回すというひきこさん

 しかし、本作は、そのままその伝説を映像化した話ではなく、引き摺りではなく復讐の方に焦点を当てた感じになっている。

 ホラーというよりサスペンス要素の方が強い作品だったが、ある意味怖い話ではあったな。


 小学校の頃クラスメイトであったゆかりは、キリコとニコに10年ぶりに再会する。
 仲の良かったゆかりとキリコであるが、ニコのことは二人ともあまり憶えていない。
 それでも一緒に過ごした3人は、以後も行動を共にするようになるが、かつてのいじめを思い出したことをきっかけに、悪事を働きながら警察に捕まらない相手に対し、制裁を与えるサイトを立ち上げる。

 その制裁動画をネットにアップし、その視聴者数も増えていくのだが、徐々に制裁はエスカレートし、ゆかりは恐怖と嫌悪を感じ始め、やがてそれは大きな悲劇となってゆかりに襲い掛かる。


 ネットに簡単に流すことのできる動画。
 その制裁がやがて過剰な暴力へと変貌していく様と、それを観ながら狂喜する視聴者など、人の心に潜む闇を映し出している感じの作品である。

 再会した時に、ニコのことは憶えていないのに、何となく憶えている風な素振りをするゆかりとキリコの様子は、人のちょっとした弱さを突いている感じだな。

 何となくあやふやしたために、その後恐怖に陥ることになる。


 ホラー的な怖さのある作品ではなく、激しい暴力シーンや血まみれのシーンなど、サスペンス的な要素が強く、徐々にエスカレートしていく様子に怖さを感じる作品だった。

 最初から怪しい感じのしたニコであるが、その正体が明らかにはされるが、正直そこからの展開は、その行動の理由などハッキリしないところがあったな。

 ゆかりの父親が陥った状況、そしてニコの父親と思しき人物が陥った状況など、ちょっと説明不足の点も多かった気がする。


 結局都市伝説のひきこさん≠ニは違ったが、一応クライマックスには引き摺るシーンがあったな。


 主役のゆかりを演じた秋月三佳は、これまでも「アナザー Another」「ジョーカーゲーム」「デスブログ 劇場版」などホラーに顔を見せていたのは憶えているが、ホラーでの主演は初めてなのかな。


 展開は面白かったのだが、昨今のホラーと同じく、結末の方が今ひとつスッキリしない話だったかな。

/5

監督:吉川久岳
出演:秋月三佳、小宮一葉、サイボーグかおり、針原滋、正木佐和、松本来夢、石橋征太郎
    広瀬彰勇、西地修哉、末次政貴、河野良祐、加藤大騎、菅沼もにか、芦原健介、恒吉梨絵
於:シネ・リーブル池袋
ひ・き・こ 降臨 [DVD]
アムモ98
2014-12-05


Amazonアソシエイト by ひ・き・こ 降臨 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-266「ひ・き・こ 降臨」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる