CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-292「肉」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2014/12/30 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

これは愛のための行為
 アメリカの片田舎に暮らすパーカー一家。貧しいながらも厳格な父のもと、家族5人で折り目正しい生活を送っていた。
 ところがある日、そんな一家の生活を切り盛りしていた母親が不慮の事故で亡くなってしまう。遺された家族は深い悲しみに暮れるとともに、母親が担ってきたある重要な役割を誰かが引き継がねばならないことを悟る。
 一家には、先祖代々守り伝えてきた秘密の習慣があった。それは、彼らにとっては厳粛な行為だったが、あまりにも忌まわしく、若くて美しい姉妹アイリスとローズにはまだ荷が重すぎるかに思われたが。(「allcinema」より)


 タイトルとポスター・ビジュアルから、何となくどんな題材の話かというのは想像できる。

 母親が亡くなり、その母親に代わって娘たちが、家族のある厳粛な儀式を引き継がなければならなくなる中で、その行為に大いなる葛藤を見せる娘たちの姿と、家族に起こる悲劇を描いたサスペンス・スリラー。

 「ABC・オブ・デス」にも参加していたホルヘ・ミッチェル・グラウ監督の「猟奇的な家族」という作品を英語リメイクした作品らしい。


 母親が不慮の事故で亡くなった悲しみが癒える間もなく、アイリスとローズの姉妹は、厳格な父親から家族に必要だという、ある習慣の準備を行うように命じられる。


 カニバリズム、人肉食を題材とした作品ではあるが、物語は淡々と進められる。


 アイリスら、パーカー一家が住むのが、田舎町の山奥ということもあり、あまり人々との接触もなく、故にちょっと秘密めいたところを持つ家族になってはいるが、その儀式に関しては一切疑われることもなく生活している。

 そんな中、儀式の準備を母親に代わって行うことになるアイリスと、それを手伝うローズ。
 厳格な父親に従いながらも、抵抗感は拭えない。

 果たして、彼女たちはその儀式の準備をするのか。

 更に、娘が行方不明になり、行方を探している父親が、あることをきっかけにパーカー一家に疑いの目を向ける。

 これまで隠し通してきた家族の秘密が、徐々に露わになっていく展開で、果たしてこのまま儀式が行われるのか。また行方不明の娘の父親は、パーカー一家に対して復讐するのか。

 ことの顛末が気になるところでの最後の晩餐シーン。

 かなり衝撃的な内容となっているが、これは父親の言いつけどおりに儀式を行った上に、忌まわしい一家のしきたりからも逃れることができたということなのだろうか。
 それにしても、ラスト・シーンは凄惨である。


 題材にしては、それ程グロテスクなシーンもなく、結構淡々と物語は進んでいく感じであったが、物語の行き先が気になるところであったし、それまでと反してラスト・シーンは思いも寄らぬ衝撃度の作品だった。

/5

監督:ジム・ミックル
出演:ビル・セイジ、アンビル・チルダーズ、ジュリア・ガーナー、ジャック・ゴア、ケリー・マクギリス
    ワイアット・ラッセル、ニック・ダミチ、マイケル・パークス、ラリー・フェセンデン、オデイア・ラッシュ
於:新宿武蔵野館
肉 [DVD]
ビデオメーカー
2014-10-03


Amazonアソシエイト by 肉 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【概略】 ある日事故で母親を亡くしたパーカー家。美しい姉妹アイリスとローズは母に代わり、先祖代々伝わる恐ろしい秘密の儀式を引き継ぐことになる。 ホラー ...続きを見る
いやいやえん
2015/01/02 23:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-292「肉」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる