CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-240「新SとM 劇場版 episode3 episode4」(日本)

<<   作成日時 : 2014/11/04 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

俺は変態じゃないことを証明する
 壮絶な復讐劇の果てに、沙耶との誤解が解けた誠には、穏やかな日常が戻っていた。しかし、そんな束の間の穏やかな日常に亀裂が入り始める。
 沙耶と誠との関係を案ずる妻・佐和子は、その複雑な胸の内を、とあるチャットに吐露する。そこで出会ったハンドルネーム「ひまわり」に悩みを打ち明けるうちに、ひまわりの優しい対応に心奪われていく佐和子。
 やがて、誠と沙耶の関係が浮気に発展していると思い込んだ佐和子は、自らの「女性」に目覚めるとともに誠に対する復讐への道を選ぶのだった。(「作品資料」より)


 村生ミオのコミックを原作としたエロティック・サスペンス「新SとM 劇場版」の続編。
 前作はてっきり2010年に公開された「SとM 劇場版」の続編だと思っていたが、どうやらその後続編となるオリジナル・ビデオが製作されていたようで、前作は新たなシリーズの開始だったようである。

 話はうまく繋がっていたので、てっきり続編だと思っていたが、どうりで川村りか以外のキャストが代わっていたな。

 その前作が「episode1」「episode2」から成っており、本作は「episode3」「episode4」から成っている。


 前作では異常なほどの執念で戸田誠に復讐を果たそうとしていた、川村りか演じる沙耶であるが、前作ラストのやけにアッサリと誤解が解けた後、本作では彼女のことを親身に考える誠と親しくしている。

 そんな誠と沙耶の関係を疑い、その心境をチャットに吐露する誠の妻、佐和子は、チャットで親身に応えてくれる男性と会って、誠と沙耶のことを相談する。
 しかし、その相手の男には、ある目的があって佐和子に近づき、やがて誠と佐和子に次々と試練が襲い掛かることになる。


 正直、この誠と佐和子の夫婦の序盤の行動というのが、浅はかでしょうがないなという印象である。

 佐和子はチャット上で知り合った相手と、何の疑いもなく会うことにするし、更にホテルの部屋で会ったりもする。

 誠も、沙耶に親身になっているとはいえ、やたらと二人で会ったりしているし、部下である祥子と二人で飲みにいったり、更に彼女の部屋で飲んだりする。

 そう言えば、以前会社のセクハラ防止講習≠ナ、女性の同僚、部下と二人きりで飲むな、二人きりでタクシーに乗るな、二人きりでカラオケBOXに行くな、とか言われたが、誠の行動は正にその禁忌を破るものだったな。

 そんな二人が窮地に陥るのは、明らか。


 佐和子が相談するひまわり≠ニいう男の正体はすぐに判るのだが、最初はジェントルな雰囲気で登場するが、その真の姿はかなり倒錯的な男。
 ちょっとコミカルな感じもするほどの、性倒錯者だったな。

 そんなひまわりの姿も含めて、本作はかなりコミカル度が前作より上がっていた感じがする。

 そして窮地に陥った時に、誠が取る行動というのが、これまた前作と同じものであるが、どうしてもちょっとおかしく感じてしまうな。


 ひまわりの陰惨なる計画に絡み取られ、危機に陥っていく誠と佐和子、そして沙耶。
 夫婦の危機を迎えた誠と佐和子の運命がどうなっていくのか。

 果たして、誠やひまわりのような状況となった時、再び家族、夫婦の絆を取り戻せるのか。
 かなり強い心と絆がないと、結構難しいだろうなという感じもする。

 結構陰鬱な話でもあるのだが、コミカルなシーンも多くて、意外と楽しめる作品になっていた。
 まあ、必ずしも共感できるというわけでもなかったが。

 今回は、色々な意味合いで、川村りかの出番が少なめで、それがちょっと物足りなかったかな。

/5

監督:SHUN
出演:川村りか、宮内知美、井田國彦、西条美咲、荒井美恵子、藤原光博、西守正樹
於:シネマート六本木
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-240「新SとM 劇場版 episode3 episode4」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる