CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-249「ザ・ゲスト」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2014/11/13 01:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

家族の友人です
 イラク戦争で息子ケイレブを亡くし、悲嘆に暮れるピーターソン一家。
 ある日、そんな一家のもとを一人の青年が訪れる。デイヴィッドと名乗るその青年はケイレブの戦友で、彼の最期の言葉を伝えるためにはるばるここまでやって来てくれたのだ。一家はこの礼儀正しい好青年を家に招き入れ、ゲストとしてもてなすことに。
 こうしてピーターソン家にしばらく滞在することになったデイヴィッドは、家族の問題を一つひとつ解決していき、彼らの心を捉えていく。
 そんな中、長女のアナは徐々にデイヴィッドに対する違和感を抱き始めるが。(「allcinema」より)


 「サプライズ」のアダム・ウィンガード監督の新作。


 突然現れた、戦死した息子の戦友だという青年を家に招き入れたことから、やがて思いもかけない事態に巻き込まれることになる一家と青年の様子を描いたサスペンス・スリラー。

 非常に礼儀正しい好青年であるデイヴィッド。そんな彼の来訪を、息子であるケイレブを戦争で亡くし、悲嘆に暮れていたピーターソン一家は受け入れる。

 学校でいじめられていた、もう一人の息子ルークを助けたり、娘のアナと共にパーティに出かけ、魅力を見せるデイヴィッド。

 家族の悩みを聞いたり、手助けしたりと、いかにも戦友であった男の家族のために行動しているという感じのデイヴィッドであるが、果たして彼の目的が何なのかは判らない。

 いかにも好青年のようなデイヴィッドであるが、時折驚くほどに凶暴な面を見せたりして、ちょっとサイコパス的なところがあって、家族を恐怖に陥れるのだろうかという印象を受ける。

 それでも家族から好意を寄せられるデイヴィッドであるが、ある日アナに電話で話している内容を聞かれ、疑いを持った彼女が軍にデイヴィッドのことを問い合わせたことから話の内容は急転する。


 前半はちょっとミステリアスな雰囲気を持ったデイヴィッドの振る舞いから、ミステリー・サスペンスという感じもあったが、後半は一転アクション・サスペンスという感じになっていく。

 後半の展開で一気に物語は爆発。なかなか激しいものになって、やっぱりアンダーソン一家は危険に陥るのだが、緊迫感も一気に上がっていったな。

 それでは、デイヴィッドとは一体何者で、どんな目的でアンダーソン一家に近づいたのか。
 そのあたりの理由は、デイヴィッドの口や少佐と呼ばれる人物の口から聞かされるが、本当に軽くだったので、詳しいところは判らなかったな。

 そんな理由云々というよりも、話の展開を楽しむような作品だったという感じがする。
 ある意味サプライズ≠ネ内容の作品だった。

 ラストは、この手の展開にはありがちなものだったが、それもアッサリ。
 しかし、デイヴィッド自身の謎や、話の展開には惹き込まれる作品だった。

 なかなかデイヴィッドを演じた、ダン・スティーヴンスが魅力的でミステリアスな感じをよく体現していたな。

/5

監督:アダム・ウィンガード
出演:ダン・スティーヴンス、マイカ・モンロー、ブレンダン・マイヤー、ランス・レディック、リーランド・オーサー
   シーラ・ケリー、チェイス・ウィリアムソン、ジョエル・デヴィッド・ムーア、タバサ・ショーン、スティーヴン・ブラウン
於:シネマサンシャイン池袋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画:ザ・ゲスト The Guest なかなかやるな、この監督。次に期待!
「サプライズ」で評判を取った、アダム・ウィンガードの新作映画。 (とはいえ前作のジャンルが ホラーなので当ブログ的にはパスし 未見) ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2014/11/15 16:36
ザ・ゲスト
【概略】 戦争で息子を亡くしたピーターソン一家の元に、息子の戦友だというデイヴィッドが現れる。礼儀正しく容姿端麗な彼は、一家に溶け込んでいくが…。 スリラー ...続きを見る
いやいやえん
2015/08/14 09:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-249「ザ・ゲスト」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる