CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-221「サンブンノイチ」(日本)

<<   作成日時 : 2014/10/13 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

気持ちの分だけ遠くへ飛べる
 川崎にあるキャバクラ“ハニーバニー”。オーナーの破魔翔は裏社会にその名を轟かせる凶暴凶悪な闇の帝王。
 ある日、雇われ店長のシュウは店の売上金400万円を紛失し、窮地に陥る。彼は博打で借金まみれのボーイ“コジ”と破産寸前の常連客“健さん”を誘い、銀行強盗を決行、1億6000万の大金を手に入れることに成功する。
 さっそく3人はハニーバニーの店内で奪った金を3分の1ずつ分け合うことに。ところがそこで、それぞれの取り分を巡って仲間割れが勃発する。
 そこには、オーナーの破魔翔に加え、シュウに強盗話を持ちかけた元女優のナンバー1キャバ嬢まりあ、川崎の魔女の異名を持つ伝説的金貸し渋柿多見子といった一筋縄ではいかない面々の欲望渦巻く秘めたる思惑が複雑に絡み合っていたのだが。(「allcinema」より)


 「悪夢のエレベーター」の原作者である木下半太の小説を、「ドロップ」「漫才ギャング」の品川ヒロシが監督したクライム・サスペンス。

 借金にまみれ、人生に行き詰った、キャバクラの雇われ店長とボーイ、そして常連客の3人が、銀行強盗を決行。大金を手に入れるが、その配分でもめ始め、仲間割れが勃発。
 更に、キャバクラのオーナーや、伝説の金貸しなど凶悪な連中の思惑が絡み、3人は徐々に追い詰められる。


 「悪夢のエレベーター」も一箇所でのやり取りがメインであったが、本作もキャバクラの店内で3人のやり取りが繰り広げられる。

 現在の時間が、その3人のやり取りが進められ、そこに至るまでの経過が時間を前後させて描かれるという展開。

 雇われ店長のシュウ、ボーイのコジ、そして常連客の健さんの3人が金の配分でもめ、お互いを出し抜こうとする展開になり、更にシュウに強盗を持ちかけてきたキャバ嬢のまりあとの関係。
 そして、キャバクラオーナーの破魔翔や金貸しの渋柿などが絡み、誰が繋がり、裏切っているのか読めない展開になっている。

 次々とその立場が変わっていく様をスピーディに描いているのは、先が読めないことと緊迫感で面白い。

 そういう面白さはあるが、その絡みを更に複雑にしようとするような感じと、途中でやたらと挿入される笑いというのが、ちょっとくどい感じはしたかな。

 クライム・サスペンスであるが、随所に笑いを挿入したコメディにもなっていて、吉本芸人も大挙出演して、微妙な笑いを披露している。

 凶悪極まりない破魔翔や渋柿の手から逃れ、シュウたちは大金を手に逃げることができるか。
 そしてまりあは果たして協力者なのか裏切者なのか。


 こういう展開のストーリーだと、シュウたちが大逆転してスッキリするか、逆にやられてしまうかという結末となると思うが、本作の結末はスッキリさせるようで、最後の最後に落とされるものだったな。


 あれこれのやり取りで、どのような展開、結末になるのか気になる作品だったが、少々くどく、最後もある意味予想外のオチで、スッキリ感の少ない作品ではあったな。

/5

監督:品川ヒロシ
出演:藤原竜也、田中聖、小杉竜一、中島美嘉、窪塚洋介、池畑慎之介☆、木村了、哀川翔、壇蜜、赤羽健一
    レイザーラモンHG、増田修一朗、ぼんちおさむ、河本準一、松田大輔、海原ともこ、庄司智春、ワッキー
於:TOHOシネマズ渋谷
サンブンノイチ【DVDスタンダード・エディション】
よしもとアール・アンド・シー
2014-08-08


Amazonアソシエイト by サンブンノイチ【DVDスタンダード・エディション】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サンブンノイチ
某先輩お笑い芸人監督の映画よりも大変面白かった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/10/18 14:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-221「サンブンノイチ」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる