CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-181「るろうに剣心 京都大火編」(日本)

<<   作成日時 : 2014/08/31 01:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

今一度、甘い戯言に賭けてみるか
 幕末に“人斬り抜刀斎”として恐れられた伝説の男、緋村剣心。新時代を迎えた今は、女師範の神谷薫ら大切な仲間たちとともに穏やかな日々を送っていた。
 そんなある日、新政府の大久保利通に呼び出され、剣心の後釜として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実の暗殺を依頼される。
 維新後、口封じのために新政府によって焼き殺されたはずの志々雄。しかし奇跡的に甦り、京都で恐るべき戦闘集団を作り上げると、日本転覆を目論み暗躍を始めていた。送り込まれた政府の討伐隊はあえなく返り討ちに遭い、もはや剣心しかその使命を託せる者はいなかった。
 やがて、大切な人を守るために自らの運命に立ち向かいことを決意した剣心は、薫の必死の制止を振り切り、ついに京都へと旅立つのだったが。(「allcinema」より)


 和月伸宏原作のコミックを実写映画化した「るろうに剣心」
 その続編にして2部作の前編となるのが本作。


 幕末に人斬り抜刀斎≠ニして恐れられた剣客である緋村剣心は、新時代となり、女師範である神谷薫らと共に穏やかな日々を送っている。
 
 しかし、新政府転覆を目論む、影の人斬り役≠ニ呼ばれた男、志々雄真実が京都で暗躍しており、剣心は志々雄の暗殺を新政府の大久保利通より依頼される。

 薫ら仲間と別れ、一人京都へ向かう剣心の前に志々雄の手先が、その行く手を阻もうとする。


 前作もそうであった記憶があるが、なかなかそのアクションは見応えがある。
 剣心は不殺の誓い≠立て、逆刃刀で闘うのだが、それでも、その技とスピードによって相手を倒していく。

 さすがに、前編ということで、志々雄との直接対決というものはなかったが、志々雄一派の最強部隊の一人である瀬田宗次郎との対決シーンや、同じく最強部隊の一人との対決シーンもがあり、緊迫感の中で見応えあるアクションを見せてくれる。

 志々雄の目論見を阻止するために動く剣心であるが、その剣心の命を狙う者がもう一人。

 幕府御庭番衆の元御頭の四乃森蒼紫。

 新時代に希望を見出そうとする剣心に対し、幕府、あるいは新政府によって裏切られた男たちが、伝説の人斬りを倒すことによって、その存在を刻みつけようとする。

 どことなく、哀しい話ではある。
 新時代となり、新たな未来に希望を託す話ではあるが、その影で犠牲になった人間もいたということか。


 志々雄の京都を燃やし尽くそうとする陰謀を突き止め、それを防ぐために対決する剣心と仲間たち。
 警官の斎藤一や、元御庭番衆たちと手を組んで、志々雄一派と対決するクライマックスであるが、そこに薫、更に弥彦まで参戦するというのは、ちょっと現実離れで興醒めだったな。

 志々雄の陰謀というのは、そんなに謎に包まれたものでもなかったが、狂気を宿した志々雄に対して、果たして剣心が勝つことができるのか、そしてどのようにその陰謀を阻止するのか興味深かった。

 やっぱりメインとなるのは、剣心を中心としたアクションと殺陣シーン。
 ほぼ全編アクションで楽しめる時代劇エンターテインメントである。

 2部作ということで、話は後編に続くのだが、本作のラストで謎の男が登場。
 その謎の男を演じるのが福山雅治である。

 後編は「伝説の最期編」というサブタイトルで、剣心が最期を迎えるのか。
 後編が楽しみである。

/5

監督:大友啓史
出演:佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、江口洋介、藤原竜也、神木隆之介、土屋太鳳、田中泯
    宮沢和史、小澤征悦、滝藤賢一、三浦涼介、丸山智己、高橋メアリージュン、大八木凱斗、渡辺大、村田充
於:新宿ピカデリー
るろうに剣心 京都大火編 オリジナル・サウンドトラック
WARNER MUSIC JAPAN
2014-07-23


Amazonアソシエイト by るろうに剣心 京都大火編 オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
るろうに剣心 京都大火編
前作以上に見応えあって見入ってしまった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/09/07 22:41
「るろうに剣心〜京都大火篇〜」プレミア試写会
プレミア試写会のチケットが来た事を知らせた時、次男は狂喜乱舞。劇場予告がかかる度に、「これ絶対行こうね!」と言い合ってた作品。もちろん前作も2人で鑑賞。剣心の世界に浸り切ったものでした。言うまでもなく、私の興味は、これがアクション監督谷垣健治さんの出世作となるかどうか。谷垣アクションを観に行ったと言っても過言ではなかった。で、確か自分の備忘録で2012年の邦画ベストワンに据えた覚えがある。世界に通用するとか何とか。いや、谷垣さんは元々世界(アジア)発の方なんですがね。で、プレミア試写会。プレミア... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2014/09/10 16:26
「るろうに剣心 京都大火編」 評価は後編を観終えてから
前作「るろうに剣心」を初めて観たときは、素直に興奮しました。 大友啓史監督の実力 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2014/09/13 09:12
るろうに剣心 京都大火編
【概略】 新時代を迎え、緋村剣心は大切な仲間と穏やかな日々を送っていた。そんなある日、剣心は新政府から剣心の後継者として“影の人斬り役”を務めた志々雄真実を討つよう頼まれる。 アクション ...続きを見る
いやいやえん
2014/12/21 08:42
映画評「るろうに剣心 京都大火編」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・大友啓史 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2015/06/27 09:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-181「るろうに剣心 京都大火編」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる