CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-175「イントゥ・ザ・ストーム」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2014/08/25 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

一生に一度が、今では一年に一度
 アメリカ中西部の街シルバートン。この日、ゲイリーが教頭を務める高校では卒業式が行われようとしていた。
 一方、竜巻の撮影に執念を燃やすピート率いるストーム・チェイサー・チームのメンバーで気象学者のアリソンは、シルバートンの気象状況にかつてない巨大竜巻の可能性を見出す。さっそく一行は、特別仕様の装甲車を駆って現地へと向かう。
 そんな中、ついに想像を絶する巨大竜巻が発生し、シルバートンの街を襲う。卒業式を中断し、避難する生徒や父兄の誘導に追われるゲイリー。
 やがてその中にいるはずの息子ドニーの姿がないことに気づくが。(「allcinema」より)


 巨大竜巻が街を破壊し、人々が恐怖に陥る様を描いたパニック・アドベンチャー。

 竜巻の映画というと「ツイスター」を思い出すが、毛色の変わったところでは、つい先日鑑賞した「シャークネード」というものもあったな。


 物語は、アメリカ中西部の町シルバートンに最大規模の竜巻が発生し、そこに住む人々が恐怖に陥る一日の姿を描いたもの。

 ちょうど高校では卒業式が行われるということで、教頭の息子ピートと、その弟のトレイがハンディカメラで高校の様子を映していたり、竜巻を撮影するチームが、多くのカメラを搭載していたりして、それらの映像で紡がれたP.O.V.となっている。

 序盤は、恐怖の一日を体験することになる人物たちを紹介するような映像が続くので、早く本題に入ってほしいなと思ってしまう。
 そこはP.O.V.の弊害という感じだな。


 そんな序盤が過ぎ、いざ竜巻が発生したとなると、その凄まじさには驚嘆させられるものがある。

 竜巻が発生し、その竜巻が近づいてくるという恐怖は、正に目の前に迫ってくるという緊迫感があったな。

 そして竜巻によって次々と家屋が破壊されていくシーンや、自動車、更に飛行機までが巻き上げられていくシーンは見応えあった。

 そんな竜巻の脅威の中で、家族の絆などを取り込んだドラマが展開するが、逆にそれ程のドラマを盛り込む必要はなかったかなという感じはする。

 特に、ピートが倒壊した廃屋に閉じ込められ、死に直面するシーンとその顛末は、いかにもドラマ的だったな。

 P.O.V.によるドキュメンタリー風な部分と、それらのドラマ的な部分を融合させているが、何となく中途半端な感じはしたな。


 単純に、恐怖に襲われる町の人々だけでなく、竜巻を撮影しようとするストーム・チェイサー・チームも登場したことで、かなり竜巻に近づくという展開となるのは、竜巻の映像を近くで見せるといううまい設定にはなっていたな。

 「ツイスター」でもそうだったが、やっぱり最後は目≠フ中に入り、見せるということになる。
 「ツイスター」のクライマックスは出来すぎ感いっぱいだったが、本作のクライマックスはかなり危険な状況がよく表されていた。


 近頃は異常気象か、日本でも竜巻が発生したりしているし、ここ数日日本でも気象による災害が発生しており、そういうことでは、ちょっと微妙な気持ちにもなるが、単純にパニック・アドベンチャーとしては、超弩級の竜巻映像など、楽しめる作品だった。

/5

監督:スティーヴン・クエイル
出演:リチャード・アーミティッジ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、アリシア・デブナム=ケアリー
    アーレン・エスカーペタ、マックス・ディーコン、ネイサン・クレス、ジェレミー・サンプター、リー・ウィテカー
於:丸の内ピカデリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イントゥ・ザ・ストーム
アメリカさんとこも大変だ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/09/07 22:43
イントゥ・ザ・ストーム
【概略】 アメリカのシルバートンで巨大竜巻が発生。気象学者のアリソンらストームチェイサーが現地を目指す一方、高校の教頭・ゲイリーは生徒たちを避難させるが…。 パニック ...続きを見る
いやいやえん
2015/01/15 09:03
映画評「イントゥ・ザ・ストーム」
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督スティーヴン・クエール ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2015/08/23 10:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-175「イントゥ・ザ・ストーム」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる