CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-156「思い出のマーニー」(日本)

<<   作成日時 : 2014/08/12 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

わたしは、わたしでしかない
 北海道の札幌に暮らす中学1年生の杏奈。辛い生い立ちから心を閉ざし、誰とも打ち解けることなく孤独な日々を送っていた。
 そんな中、持病の喘息が悪化し、転地療養のために海辺の村でひと夏を過ごすことに。そこで杏奈は、入江に建つ誰も住んでいない古い屋敷を目にする。地元の人が湿っ地(しめっち)屋敷と呼ぶその建物に、なぜか懐かしさを覚え惹かれていく杏奈。
 その屋敷は杏奈の夢の中にも現われるようになり、必ずそこには金髪の少女の姿があった。
 ところがある晩、湿っ地屋敷へとやって来た杏奈の前に、夢で見た金髪の少女が現われる。少女はマーニーと名乗り、“わたしはちのことは2人だけの秘密よ”と語る。
 そんなマーニーにだけは心を開き、いつしかかけがえのない友情を育んでいく杏奈だったが。(「allcinema」より)


 「かぐや姫の物語」に続く、スタジオジブリの最新アニメーション。

 札幌に暮らしている12歳の少女、杏奈が、喘息の療養をかねて、海辺の村でひと夏を過ごすことになり、そこで不思議な少女マーニーと出逢う。

 誰とも心を開かず、思い悩んでいた杏奈が、マーニーと出会い、心を開き、やがて成長していく姿を描いている青春ファンタジー。


 釧路辺りだと思われる風景の映像は、なかなか美しいものがあったな。

 他人との関わりを避けようとする杏奈には、大きな悩みがあるようだが、どうにも最初は、彼女の心情に共感できない。
 「太っちょブタ!」の台詞は、それを決定的にしたな。

 逆に言われた女の子の方は、心の広い子だなと感心する。


 そんな杏奈が、入江に建つ屋敷に住んでいる、金髪の少女マーニーと出逢い、友達となっていく。
 最初は夢の中で見たマーニーであったが、そのマーニーと出会い、交流していくわけだが、マーニーはどう考えても現実の少女ではないことは判る。

 果たして、杏奈が創造した少女なのか、それとも過去の少女、霊のようなものなのか。

 杏奈とマーニーが自分の境遇を語り合いながら、お互い励まし、勇気をふりしぼるところが大事なところだとは思うが、その展開が、少々まどろっこしい感じを受けたな。

 杏奈が、自分がもらわれた子であることに、心を重くしていただけかと思っていたが、それ以上に大きく思い悩むことがあったのには、ちょっと同情するかな。


 後半に、マーニーのことを一緒に調べる少女が登場し、杏奈と親しくなるが、その少女のキャラは、ジブリ作品にはよく見かけるようなキャラだったな。

 クライマックスになって、マーニーの正体が明らかになっていくが、そのあたりは、ちょっと面白かった。

 実は、自分も不遇であったにも関わらず、明るく前向きに話をするマーニーが、杏奈に影響を与えたということなのだろう。
 しかも、その杏奈とマーニーの関係が明らかになって、愛情の大きさというものが判る。

 
 一人の少女が経験したファンタジーであるが、ちょっと展開はまどろっこしかったが、ラストは爽やかな感覚を残してくれる作品ではあった。

/5

監督:米林宏昌
声の出演:高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、寺島進、根岸季衣、森山良子
       吉行和子、黒木瞳、杉咲花、森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真
於:TOHOシネマズ スカラ座

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「思い出のマーニー」 鬱々としたトーンに戸惑った
「借りぐらしのアリエッティ」で監督デビューし、宮崎駿さんが引退した今、スタジオジ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2014/08/12 07:54
思い出のマーニー
【概略】 幼い頃に両親を亡くし、あることがきっかけで心を閉ざしてしまった12歳の少女が、療養のために訪れた海辺の村で経験するひと夏の不思議な出会いを描く。 アニメ ...続きを見る
いやいやえん
2015/03/30 19:30
映画評「思い出のマーニー」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・米林宏昌 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2015/10/15 09:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-156「思い出のマーニー」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる