CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-096「大脱出」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2014/06/14 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

お務め、ごくろうさま
 脱獄のスペシャリスト、レイ・ブレスリンは、自ら囚人として刑務所に潜入し、様々な手段で脱獄しては警備の弱点を指摘するセキュリティ・コンサルタントの第一人者。
 ある日、そんな彼のもとにCIAから民間の極秘刑務所を調べるための脱獄依頼が舞い込む。しかしそれは、彼を陥れる罠だった。
 ブレスリンがぶち込まれた刑務所は、なんと洋上に浮かぶ巨大タンカー内に造られていた。しかも、ブレスリンの指南書をもとに設計された“墓場”の異名を持つ難攻不落の超ハイテク監獄要塞だった。
 いよいよ窮地に陥ったかに思われたブレスリンだったが、そんな彼に“墓場”の囚人たちを束ねる屈強な男ロットマイヤーが近づいてきた。(「allcinema」より)


 「エクスペンダブルズ」シリーズで共演を果たした、スタローンとシュワルツェネッガーが、今度は本格的に絡む、W主演のサスペンス・アクション。

 原題からも、邦題からも脱獄モノだということは判るが、冒頭からすでに、スタローン演じるブレスリンは刑務所に入っている。

 そして、周囲を観察し、何かを計り、いかにも脱獄をしようとしている風に見え、事実脱獄を果たす。
 しかし、すぐに追いかけてきた警官たちに進んで捕まるような感じになるが、ここで彼の本当の仕事が明かされる。

 脱獄のスペシャリストで、様々な刑務所に入っては脱獄し、警備の弱点を指摘するという、民間の警備会社のコンサルタント。
 何とも大変な仕事だし、現実にはこんな仕事をしている人はいないだろうな。


 そんなブレスリンがCIAから、民間の極秘刑務所を調べるという依頼を受けるが、そこは近代的な設備で作られた刑務所で、しかも仲間との通信も途絶え、協力者である人物もおらず、罠にはめられたことを知る。

 そんな状況に陥ったブレスリンは、シュワルツェネッガー演じるロットマイヤーという男と共に脱獄の計画を立てる。

 果たして、ブレスリンは脱獄困難な刑務所から脱獄できるのか。


 コンサルタントであるブレスリンの著書を参考にして作られた刑務所ということで、構造的、警備的には隙が無い、正に要塞。

 しかも調べていくうちに、この刑務所が巨大タンカーの中にあり、どことも知れぬ洋上におり、逃げる場所もない。

 そんな刑務所から脱出しようと、ブレスリンとロットマイヤーは作戦を練っていくが、やっぱり脱獄のプロというのは知識も豊富で、手も器用でないとダメなんだな。
 もちろん体力も必要なようだが。

 しかし、どれだけハイテクなセキュリティでも、それを扱う人間、警備員に隙があると、やっぱり完璧だというわけにはいかない。

 所長のホブスは冷酷な男であるが、手柄を欲しがる男で、その欲望のためか、情報のために囚人のちょっとした願いをきいたりする。
 それが結局、彼自身をピンチに陥れてしまう。

 果たして、どのような作戦で、難攻不落の刑務所から脱出するのかと期待していたが、最後のほうは結構力技だったかな。
 いかにも、スタローン、シュワルツェネッガーらしいアクションを最後には見せて、銃撃や爆発などの派手なアクションになっていく。

 爆破はあれども、最初の脱獄の方がスマートで、結構感心する手管だったような気がするな。

 話も設定も面白かったし、最後は思わぬ真実などもあり、楽しめる娯楽作であった。

 スタローンはらしい役柄であったが、シュワルツェネッガーはアクションも見せたが、結構渋い感じの役柄で、演技に円熟味が出てきたかな、という感じがする。
 この先アクションだけでなく、他のジャンルでもやっていけそうな感じがしたな。

/5

監督:ミカエル・ハフストローム
出演:シルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ジム・カヴィーゼル
    サム・ニール、ヴィニー・ジョーンズ、ヴィンセント・ドノフリオ、エイミー・ライアン
    カーティス・“50 Cent”・ジャクソン、ファラン・タヒール、マット・ジェラルド、ケイトリオーナ・バルフ
於:TOHOシネマズ渋谷
ポスタ- アクリフォトスタンド入り A4 パターンC 大脱出 光沢プリント
写真フォトスタンド APOLLO


Amazonアソシエイト by ポスタ- アクリフォトスタンド入り A4 パターンC 大脱出 光沢プリント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大脱出
二人の共演に興味ないって言いながらも、ついつい見入ってしまう。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/06/18 23:01
「大脱出」 良くも悪くも80年代テイスト
シルベスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーといえば、80年代を代 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2014/06/21 17:31
大脱出
脱獄のプロが陰謀により脱獄不可能な要塞に送り込まれるが…。面白かったですよ〜! シュワちゃんでてるだけで私は個人的に満足。しかもブレーンバスターまで決めちゃって。 劇中で何度も出てくるマンハイムの話。誰よ、シュワだろ?と思ってたら、やっぱりねーでした。やたら協力的なのはなぜかとか協力者とか考えたらすぐわかるんですけどね、さすがにあの女性が娘さんとかはわからなかったけども。 しかし、カメラを食パンで真っ暗にした経緯が都合のよさを感じちゃいました。どうして4台のカメラがいくら囚人が騒い... ...続きを見る
いやいやえん
2014/07/09 08:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-096「大脱出」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる