CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-055「KILLERS/キラーズ」(日本・インドネシア)

<<   作成日時 : 2014/05/08 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

時に生きていることは死ぬことよりも残酷
 東京に暮らす野村は、女性を拉致しては独自の美意識で処刑し、その映像をインターネットの動画サイトにアップする猟奇殺人鬼。
 一方ジャカルタのバユは、正義感あふれるフリー・ジャーナリスト。
 ある日、たまたまインターネットで野村のスナッフ・ビデオを見てしまった彼の中で、思いもよらぬ感情が芽生えてしまう。やがてバユも殺人に手を染めてしまい、その動画をネットにアップする。
 するとその映像を目にした野村が接触を求めてくるという予想だにしない事態が起こり、戸惑うばかりのバユだったが。(「allcinema」より)


 日本とインドネシアを舞台にして、シリアル・キラーと、殺人という行為にはまり込んでいく男の姿を描いたバイオレンス・アクション。

 製作は「ザ・レイド」の監督、ギャレス・エヴァンスが当たっており、監督はモー・ブラザーズと呼ばれるティモ・ジャイアントとキモ・スタンボエル。

 ティモ・ジャイアントは「ABC・オブ・デス」「V/H/S ネクストレベル」に監督として参加して人のようである。


 日本、東京では、北村一輝演じる野村という男が、女性を拉致しては殺害。その様子を撮影しては、ネットに流している。

 インドネシア、ジャカルタではオカ・アンタラ演じるバユというジャーナリストが、政治の不正を暴くために奔走していたが、ある時、サイトにアップされた殺戮映像を目にする。

 その映像に思いも寄らぬ感情を抱くバユは、やがて抑え難い殺人衝動を抱えることとなる。

 東京での物語とジャカルタでの物語は、基本的に別々に進行していく。

 野村は殺人を犯しては撮影、サイトにアップするが、ある日、高梨臨演じる久恵という女性と、その弟に出逢う。
 その姉弟に興味を抱いた野村が、二人に近づいていくが、それは二人を危険にさらすものであり、野村自身も追いつめることとなる。

 バユは、取材を敢行していく中で、相手を殺してしまうが、それを自ら撮影し、サイトにアップする。

 その動画を観た野村がバユに連絡を取ってくる。

 東京で殺戮を繰り返す男と、ジャカルタで殺人にのめり込んでいく男。
 それぞれの話は、なかなか殺人に魅せられる男を違った形で描いており、面白い話であった。

 野村の話はクライマックスで、久恵が絡んできて、果たして野村の運命、久恵の運命がどうなるのかと緊迫する。

 そして全体のクライマックスは、これまでネットでしか会話しなかった二人が、実際に顔を合わせるのだが、バユの娘、更にバユが追う男も絡んで、緊迫感は高まる。

 ただ、結末はせっかく殺人にのめり込む二人が顔を合わせ、究極の選択を迫るというシーンで盛り上がっていたんだが、その決着は今ひとつだったかな。

 それぞれの展開は面白かっただけに、この二人が交錯した話の結末が今ひとつなのは残念。

 凄惨なシーンもあったが、どちらかと言うと、ジャカルタの方が結構凄惨で、東京はそれ程でもなかったかな。
 野村のシリアル・キラーとしての狂気さが、思ったほど表に表れていなかったのも、ちょっと物足りない要因の一つだったかな。

/5

監督:ティモ・ジャイアント、キモ・スタンボエル
出演:北村一輝、オカ・アンタラ、高梨臨、ルナ・マヤ、黒川芽以、でんでん、レイ・サヘタビー
於:テアトル新宿
KILLERS/キラーズ [DVD]
Happinet(SB)(D)
2014-11-05


Amazonアソシエイト by KILLERS/キラーズ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
KILLERS/キラーズ
【概略】 若い女性を殺害する一部始終を撮影しサイトに公開する日本の殺人鬼と、彼に感化されるインドネシア人ジャーナリストの交錯を描く。 スリラー ...続きを見る
いやいやえん
2014/11/10 16:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-055「KILLERS/キラーズ」(日本・インドネシア) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる