CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-051「アメリカン・ハッスル」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2014/05/04 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

自分を守るために作り上げた
 太鼓腹で一九分け頭のアーヴィンは、愛人にして相棒のセクシー美女シドニーと完全犯罪を続けてきた天才詐欺師。
 そんな2人はある時ついに捕まってしまう。ところがイカれたFBI捜査官リッチーは、もっとデカいヤマを狙ってアーヴィンに捜査協力を迫る。
 こうして危険な囮捜査をするハメになったアーヴィン。やがて彼らのまいたエサに期待以上の大物が引っかかってくる。
 そんな中、嫉妬に狂ったアーヴィンの妻ロザリンの予測不能の行動が作戦全体を混沌へと陥れてしまい。(「allcinema」より)


 昨年は「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー作品賞や監督賞にノミネートされ、更に主要俳優4部門でもノミネートされるという快挙を達成したデヴィッド・O・ラッセル監督。

 そして今年は本作で作品賞や監督賞、そして2年連続で、主要俳優4部門でノミネートされている。

 
 1979年に起こった、秘密捜査官がアラブの大富豪に扮してオトリ捜査を行ったアブスキャム事件≠題材としたクライム・コメディ。

 天才詐欺師のアーヴィンと、ビジネス・パートナーのシドニーは、FBI捜査官のリッチーに逮捕され、更なる大物の逮捕を目論むリッチーに捜査協力をすることとなる。

 狙うは腐敗した汚職政治家たち。

 アラブの大富豪をえさに、カジノの利権に絡む政治家たちを一網打尽にしようと考えるリッチー。
 仕方なく加担するアーヴィンとシドニーであるが、そこにアーヴィンの妻ロザリンが絡んできて、事態は予想も着かない方向へと転がっていく。

 詐欺の行方もさることながら、愛人関係であるアーヴィンとシドニー。
 シドニーに惹かれていくリッチー。
 そして、アーヴィンとシドニーに嫉妬して、暴走するロザリン。

 この四角関係の行方も気になる展開である。

 そしてこの四角関係の行方が、詐欺の成功の鍵を握るようになっており、ことが進行中に愛憎によって、失敗するのではないか、誰かが裏切るのではないかという疑念も湧いてくる。


 体はぶよぶよで、髪の毛は一九分け。
 どう見ても切れ者には見えないが、やたらと自信のあるアーヴィン。

 その自信によってシドニーを落とすし、更にロザリンという妻からも偏愛されている。

 計画はそれ程驚くような感じでもなく、どちらかと言うと、ヒヤヒヤの連続だったような気がする。

 そんな中で、計画はどのような決着を見せるのかと思っていたが、最後はなかなかスッキリした顛末だったな。
 計画だけでなく、四角関係も落ち着く所に落ち着いた感じである。

 もうちょっとスピード感のある展開を期待したが、どのようにことが運ぶか判らず、更に複雑な人間関係が描かれ、面白い作品ではあった。

/5

監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、ジェニファー・ローレンス
    ルイス・C・K、マイケル・ペーニャ、アレッサンドロ・ニヴォラ、ジャック・ヒューストン、シェー・ウィガム
於:TOHOシネマズ スカラ座

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「アメリカン・ハッスル」 自分騙し
ゴールデン・グローブ賞を受賞し、アカデミー賞にも多くの部門でノミネートされている ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2014/06/22 07:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-051「アメリカン・ハッスル」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる