CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-041「サバイバル・ソルジャー」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2014/04/26 01:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

時にはいい人をやめ、もうたくさんだ≠ニ言ってやれ 
 気弱な青年クリスが勤める会社で、団結力を養うために大自然でのサバイバル社員研修を行うことに。コーチを務めるのは、気合い入りまくりの元海兵隊員ストーム・ロスチャイルド。
 さっそく一行を南の海に浮かぶ無人島へと連れて行くストームだったが。(「allcinema」より)


 「エクスペンダブルズ2」にも出演の、ジャン=クロード・ヴァンダム出演。
 彼が演じるのは、ある会社の社員たちが受ける、大自然に囲まれた無人島で団結力を養うためのサバイバル研修でコーチを務める元海兵隊員ストーム・ロスチャイルド。

 そんなヴァンダムが出演するということで、「ユニバーサル・ソルジャー」から邦題を付けたと思うが、実際ヴァンダムが主演というわけでもなく、サバイバル・アクションのようであるが、基本的にはコメディである。


 無人島で研修を行っている中でアクシデントが発生し、過酷なサバイバルを強いられることになる社員たち。

 更に自己中心的な男、フィルが異常な行動を起こすようになり、いつしか島の王と称して社員たちを支配するようになる。

 気弱ではあるが、ボーイスカウトであったクリスは、数人の仲間と共に行動し、フィルたちに対抗しながら、島から脱出する方法を模索する。

 ストーリーは、サバイバル・アクションではあるが、それを何ともコミカルに描いており、結構バカらしい話になっている。

 元海兵隊員だというロスチャイルドも途中で隠された事実を明かし、退場してしまう。

 極端におかしな言動を取るようになる登場人物たち。

 しかし、コメディながら究極な状況に置かれた人間の心理状態を、ちょっと大袈裟ではあるが、よく表しているところもあるかな。

 気弱であり、いつも同僚のフィルに虐められ、バカにされていたクリスが、サバイバルを通して自信をつけ、やがて憧れの彼女と近づき、更にフィルに打ち勝とうとする成長物語にもなっている。

 それなりに笑えるシーンもあり、クリスたちがどのようにフィルたちに勝ち、島から脱出するのかという興味はあった。

 一応クライマックスはクリスとフィルの対決となるのだが、最後の最後に登場して決着付けるのは、やっぱりあの人だったんだな。

 まあ気楽に観れる作品ではあり、コメディではあったが、それなりに物語の行方は気になり、多少なりとも緊迫感も感じられるところのある作品だった。

/5

監督:ロブ・メルツァー
出演:アダム・ブロディ、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ロブ・ヒューベル、クリステン・シャール
    メーガン・ブーン、デニス・ヘイスバート、ビアンカ・ブリー、エリック・エデルスタイン、ロバート・ピータース
於:シネマート新宿

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サバイバル・ソルジャー
【概略】 気の弱い会社員クリスは、いつも同僚に虐められていた。ある時、クリスの勤める職場の社員全員が大自然の只中へ送り込まれる。変わり者の元海軍兵士ストームの指揮下で、体力と精神力のトレーニングを受けることになったのだ。ところが、教官のストームが野生のトラに襲撃され行方不明に。ボーイスカウト経験者の気弱なフィルがリーダーとなるが、残されたメンバーはまとまるどころか大混乱に。果たしてフィルは全員をまとめて脱出できるのか?ストームの行方は?! パニック ...続きを見る
いやいやえん
2014/09/17 09:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-041「サバイバル・ソルジャー」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる