CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-038「シャドウハンター」(アメリカ・ドイツ・カナダ)

<<   作成日時 : 2014/04/24 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

世界が変わったんじゃない、君が変わったんだ 
 ニューヨークでごく普通の少女として育ったクラリー。
 ところがある日、母親ジョスリンを何者かにさらわれ、謎の怪物に襲われたところを不思議な青年ジェイスに救われる。
 ジェイスによると彼は妖魔と戦うシャドウハンターで、ジョスリンも優秀なシャドウハンターだったという。そしてクラリーもまたその血を受け継いでいるという。
 ジョスリンを襲った者の目的は大きな力を秘めた聖杯の行方。シャドウハンターが代々守ってきたその聖杯の在処を、ジョスリンはクラリーの記憶とともに封印していた。
 クラリーは母を救い出し、聖杯を守るため、ジェイスとともに危険な冒険の旅へと飛び出していく。(「allcinema」より)


 カサンドラ・クレア原作の「シャドウハンター 骨の街」を映画化したファンタジー・アクション。

 ごく普通の少女が、自分の運命を知り、妖魔を狩るシャドウハンターとして覚醒する姿を描いている。

 主演の少女、クラリーを演じたのは「ミッシングID」「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズ。
 いつも眉毛が気になる彼女であるが、本作ではそれ程気にならなかったな。
 見慣れてきたか。

 
 普通の少女が、実は自分が普通の存在ではないことを知り、あれよあれよと現実とは思えない世界へと踏み込んでいく。

 まあ、普通の少女が冒険をするように全く別の世界に踏み込み、自らの運命を知り、戸惑いながらも受け入れ、成長していくというストーリーは、王道的ではある。

 シャドウハンターの存在、そして彼らが狩る妖魔やヴァンパイア、そして人狼など、これもよくある設定。

 そして、シャドウハンターとして仲間となるジェイスと幼馴染みであるサイモンとのそれぞれとの関係など、ロマンス要素も取り混ぜており、アクション・アドベンチャーではあるが、ちょっと何と言うか、少女漫画っぽい内容の作品だったな。

 シャドウハンターの反逆者であり、クラリーの母親であるジョスリンが持つ聖杯を狙うヴァレンタインが敵役として登場するが、クライマックスの対決の時に、まるで韓流ドラマのような真実が明かされたりする。

 韓流ドラマほど劇的な真実の露呈ではなかったが。

 よくある世界観のファンタジーではあったが、最初は戸惑いながら、徐々に自分の運命を受け入れていくクラリーの姿や、ジョイスや仲間たちのアクションなど、楽しめる部分は充分にあったと思う。

 ただ、ちょっと長かったかな。

 もしかすると続編を考えて、物語が途中で終わるのではないかと思うぐらいだったのだが、一応事件は解決する方向で終わる。

 クラリーはシャドウハンターとしては、まだまだ一人前という程ではなかったし、最後のヴァレンタインとの闘いでの決着の行く末。
 色々気になる部分もあったが、一番気になったのは、サイモンだな。

 全くシャドウハンターには関係がないのに、最後までクラリーやジェイスたちと行動を共にするし、途中で起こる事件で、体にある傷が残り、その影響でどう変化するのか気になったのだが。

 原作はシリーズとして何作かあり、ベストセラーでもあるようで、本作も何となく続編を意識したような展開、ラストになっていたが、続編が作られるかは微妙な気がするな。

 個人的には、クラリーとジェイスの関係がどうなっていくのか気になるのだが。

/5

監督:ハラルド・ズワルト
出演:リリー・コリンズ、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ジョナサン・リス・マイヤーズ
    ロバート・シーハン、ケヴィン・ゼガーズ、レナ・ヘディ、エイダン・ターナー、ジェマイマ・ウェスト
    ゴッドフリー・ガオ、ジャレッド・ハリス、ケヴィン・デュランド、CCH・パウンダー
於:新宿ピカデリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シャドウハンター
リリー可愛いよ、リリー。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/04/26 23:54
シャドウハンター
【概略】 突然現れた魔物に襲撃されたクラリーは、ジェイスという男に救われる。彼は、クラリーが闇の勢力と戦うシャドウハンターの一員であると告げ…。 ファンタジー ...続きを見る
いやいやえん
2014/11/27 09:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-038「シャドウハンター」(アメリカ・ドイツ・カナダ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる