CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 14-006「リディック:ギャラクシー・バトル」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2014/04/01 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

本当に5分でやってしまった 
 遥か遠い未来。かつてネクロモンガー族の最高位、ロード・マーシャルの座に君臨していたリディックは、司令官ヴァーコの罠にハマり、荒涼とした大地が広がる見知らぬ惑星に置き去りにされてしまう。
 彼は満身創痍でサバイバルを続け、ついに無人のシェルターを発見する。
 さっそく非常用ビーコンを発信し、救援を求めるリディック。すると、それに気づいた賞金稼ぎたちが彼の首を狙って集まってくるのだったが。(「allcinema」より)


 「ピッチブラック」に登場した、ヴィン・ディーゼル演じるリディックを主役とした3部作が企画され、その第1作として2004年に「リディック」が制作、公開された。

 しかし、アメリカでは思ったよりも興行収入が上がらずに、結局3部作構想は頓挫したと聞いたのだが、10年経って、いつのまにやら続編が制作されていた。
 それが本作。

 記憶にある限り、前作の最後で、リディックは悪の軍団の王になったと思うのだが、本作の冒頭は、リディックが荒涼とした惑星に重傷を負って、一人でいるシーンから始まる。

 どういう設定かな、と思ったら、凶悪なネクロモンガー族の王、ロード・マーシャルとなったリディックであったが、部下の裏切りに遭い、その惑星に取り残されたということらしい。

 一応話としては繋がっていたようである。

 本作は、リディックがその惑星から脱出しようと奮闘する姿が描かれ、惑星に住む凶悪なクリーチャーたちを倒しながら、彼を追ってきた賞金稼ぎたちの攻撃の手からも逃れようと奮闘する。

 賞金稼ぎは二組で、一組は賞金のためにリディックの首を取ろうとするサンタナたち。
 もう一組は、リディックを捕らえようとするが、金とは別の目的がありそうなジョンズたち。

 どうやらジョンズは、「ピッチブラック」に登場した人物に関わっているようで、ここでも一応話の繋がりを見せているようである。

 しかし、その人物の記憶がほぼ無かったので、ちょっともったいない気分になったな。

 ネクロモンガーに対する復讐があるかと思ったが、実際は惑星からの脱出を試みるという展開に終始する。

 サンタナやジョンズたちとの対決がメインか、と思っていたが、どうやらその後違ったものが彼らに襲いかかってくる。

 何となく話としては1作目の「ピッチブラック」に似ていたかな。

 宇宙のお尋ね者で、たった一人で多数を圧倒するリディックの戦いが心地良かったし、色々工夫しながらクリーチャーたちを倒すところも面白い。

 ただ、最後は自分の力でなかったというのが、結末としては爽快感が薄かったかな。
 このラストは、「ピッチブラック」のラストと対比するものなのかもしれないな。

 ネクロモンガーまでに至らず、脱出行だけに終わったのも、やや期待したものから外れていたが、リディックの強さには、ある種の爽快感さえ感じる。

 この結末だと、この続編となる3作目は作られるということなのかな。

 また10年後だと待ちきれないので、早々にお願いしたいものである。

/5

監督:デヴィッド・トゥーヒー
出演:ヴィン・ディーゼル、ジョルディ・モリャ、マット・ネイブル、ケイティー・サッコフ、バティスタ、カール・アーバン
   ボキーム・ウッドバイン、ノーラン・ジェラード・ファンク、ラオール・トゥルヒージョ、コンラッド・プラ、ノア・ダンビー
於:丸の内ルーブル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
リディック:ギャラクシー・バトル
前半、眠たかったけど、それなりに面白かった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/04/17 00:45
リディック:ギャラクシー・バトル
【概略】 重臣たちの反乱により銀河の彼方に置き去りにされたリディックが、24時間というタイムリミットの中で生き残りを賭けて戦う。 SFアクション ...続きを見る
いやいやえん
2015/05/06 08:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
14-006「リディック:ギャラクシー・バトル」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる