CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-380「マン・オブ・スティール」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2014/03/04 02:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

善人であろうと悪人であろうと、お前は世界を変える 
 クリプトン星で生まれたその赤ん坊は、滅亡を悟った父に最後の希望を託され、地球へと送られた。
 地球にたどり着いた彼は、ジョナサンとマーサの夫婦に拾われ、クラーク・ケントとして育てられる。次第に超人的な能力に目覚めていく少年時代、養父からはその能力を使うことを固く禁じられていた。
 周囲との違いに孤独と葛藤を抱えながら青年へと成長したクラークは、やがて自分探しの旅に出て、自らの使命を確信する。
 そんなある日、クリプトン星の生き残り、ゾッド将軍がクラークの存在に気づき、彼を追って地球へと襲来する。(「allcinema」より)


 ブライアン・シンガー監督の「スーパーマン リターンズ」は1作で終わってしまったが、再び誰もが知っているアメコミ・ヒーロー、スーパーマンを映画化したのが本作。

 同じDCコミックのヒーロー、バットマンを映画化した「ダークナイト」シリーズを監督したクリストファー・ノーランが製作にあたり、「300(スリーハンドレッド)」「ウォッチメン」などのザック・スナイダーが監督にあたっている。


 幼い頃から超人的な能力を持つクラーク・ケントは、その自らの力に苦悩し、自分がいったい何者であるかを模索しているところからストーリーは始まる。

 自分の出自を知ることにより、やがて自分がやるべきことを見つけ出すというストーリー展開で、やっぱり人とは違う力を持つことによる悩み、葛藤を深く描き出す作品になっている。

 クラーク・ケントとして育てられた青年は、実はクリプトン星で生まれ、星が滅亡する直前に、父親が地球へと送り出した赤ん坊であり、彼を見つけたケント夫婦によって育てられた。

 義父から本当に必要なときまで力を使わないように教えられ、それを模索し、葛藤するのだが、そのクラークを追ってクリプトン星からゾッド将軍たちがやって来たことにより、地球に危機が訪れ、クラークは自分の力を使うべき時を知り、スーパーマンとなって地球を救おうと立ち上がる。

 スーパーマン誕生までの過程を描いており、クラーク・ケントというと、新聞記者というイメージがあるが、本作では全くそんな仕事には就いていない。

 ケントの秘密を追い、その苦悩を知ることで、彼の支えとなろうとする、新聞社に勤めるロイス・レインは登場するが。


 ストーリーは最近のヒーローものの王道的な感じのするものであったが、アクション・シーンはなかなか派手なものだったな。

 かなりスピード感のあるアクションであったが、対決のシーンは、結構肉体がぶつかり合うという感じもあり、これは「300(スリーハンドレッド)」に近い感じがあったかな。

 しかし、対決の度に周囲の建物を壊しまくるというのは、本当にヒーローとしていいものなのか、という感じはするが、まだまだヒーローになり立てということで、これから力加減を知ることになるのだろうか。

 
 続編も製作が決まっているようで、その続編にはバットマン、ブルース・ウェインも登場するらしい。

 本作では、そのバットマン、ブルース・ウェインを匂わせるアイテム、シーンが幾つか隠されていたらしいが、そんなものには全く気付くことはできなかったな。

/5

監督:ザック・スナイダー
出演:ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン
    ラッセル・クロウ、マイケル・シャノン、アンチュ・トラウェ、アイェレット・ゾラー、クリストファー・メローニ
於:新宿ピカデリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マン・オブ・スティール
海外ドラマ「ヤングスーパーマン」を(途中まで)見てるからか途中まではなんか違和感あったわ(笑) やはり、地球の父母ジョナサンとマーサ・ケント夫婦の普通の倫理観から正義感が培われているんだなあ。育ての親って重要よね(ヤンスパではまたジョナサンがかっこいいんだ)。 これは、スーパーマンだけどまだスーパーマンになっていない、前日譚のお話。自分の能力への葛藤と出生への戸惑いがよく出ていて、戦う事に慣れていないまだ初々しい超人的な力を持つ宇宙人の話だ。 ヒーローを人間的に捉えなおし、物語をシ... ...続きを見る
いやいやえん
2014/03/04 08:47
マン・オブ・スティール
スーパーマンって目からビーム出るんだ!知らなかったよ! ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/03/04 22:23
映画:マン・オブ・スティール Man of Steel 今作一押しは=エイミー・アダムス、という結論...
なんたって製作は、クリストファー・ノーラン(「バットマン3連作) で監督は、ザック・スナイダー(「300」「ウォッチメン」「エンジェル ウォーズ」) 凄いメンツ。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2014/03/08 09:42
「マン・オブ・スティール」 人類は成長することができるのか
なかなか感想を書きにくい作品だなと思いました。 今までのアメコミのヒーロー映画と ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2014/06/25 06:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-380「マン・オブ・スティール」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる