CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-385「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2014/03/09 01:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

論理的ではなく、勘だけで動いている 
 西暦2259年。USSエンタープライズのクルーたちとともに惑星ニビルを探査中のジェームズ・T・カークは、副艦長スポックの窮地を救うために重大な規律違反を犯してしまう。
 地球に帰還したカークはその責任を問われ、艦長を解任される。
 その頃、ロンドンでは恐るべき陰謀が進行していた。やがて首謀者ジョン・ハリソンは惑星クロノスに逃亡。
 この緊急事態に、再びUSSエンタープライズの艦長に復帰したカークは、ジョン・ハリソンを追ってクリンゴン人が支配するクロノスへと向かうのだったが。(「allcinema」より)


 J.J.エイブラムス監督、製作の新生「スター・トレック」の第2弾。

 若き日のジェームズ・T・カーク船長とスポック、そしてUSSエンタープライズ号のクルーたちの活躍を描いたSFアクション・アドベンチャー。

 本作では悪役でジョン・ハリソンという謎の男が登場するが、演じたベネディクト・カンバーバッチって、日本ではTVドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」で結構有名だったんだな。

 本作のPRにも来日していたようだが、ドラマは観ないので、本作の人気ぶりで、初めて認識した俳優という感じだった。


 冒頭、USSエンタープライズでの任務で、スポックの窮地を救うために重大な任務違反を犯したカークは、エンタープライズ号の艦長の任を解かれてしまう。

 スポックが、命を救われながらも、カークの行動を批判したがために、カークは艦長を外されるということになり、未だ感情面では冷静すぎるとも言えるスポック。

 しかし、このカークとスポックの関係が、やがて熱き友情を生み出し、最後にスポックは感情を迸らせたりする。

 そんなカークとスポックの関係を中心に描きながら、エンタープライズ号のクルーたちとカーク艦長との信頼関係も描いているような作品である。

 強力な敵であるジョン・ハリソン。

 地球を陥れようとするハリソンの計画を阻止するためにカークたちが危険な任務に就くが、強力な敵というのは「アベンジャーズ」のロキもそうだったが、一度は捕まってしまうのだが、それには何かしらの計画があるようである。

 クライマックスは、地球が大いなる危機にさらされる中で、エンタープライズの面々、そしてカークが命を賭した作戦に出る。
 カークが最後に取った行動には、ちょっと熱いモノを感じさせられたな。

 しかし、そんなカークであるが、最後の顛末は、まあSFなら有りかもしれないが、ちょっと都合いい話ではあった。
 意外と、あれだけ強大な力を見せていたハリソンの最後もアッサリとした感じがあったのも否めないな。

 それでも壮大なアクション・アドベンチャーであり、迫力ある映像は見応えのある作品だった。

 観ていても全く気付かなかったが、カークの父親、ジョージ・カークを演じていたのは「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワースだったんだな。

 ちゃんと1作目でもジョージ・カークを演じていて、それがデビュー作でもあるようである。

/5

監督:J.J.エイブラムス
出演:クリス・パイン、ベネディクト・カンバーバッチ、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグ
    ジョン・チョー、カール・アーバン、ピーター・ウェラー、アリス・イヴ、ブルース・グリーンウッド
    アントン・イェルチン、ノエル・クラーク、クリス・ヘムズワース、ジェニファー・モリソン、レナード・ニモイ
於:TOHOシネマズ日劇

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スター・トレック イントゥ・ダークネス
エンタメSF超大作には間違いなく、敵役であるベネディクト・カンバーバッチ演じるカーンも存在感があり素晴らしかった。テンポの良い展開で、見どころも満載の世界にあっという間に入り込める。 多くのシーンが旧シリーズへのオマージュになっているそうで、ファンならよりいっそう楽しめる作りになっているそう。私はわかりませんでしたけど^;でもそれでもハイクオリティなエンタープライズ号の活躍を堪能しましたよ〜! ...続きを見る
いやいやえん
2014/03/09 09:24
スター・トレック イントゥ・ダークネス
迫力ある映像は圧巻で、大いに楽しめた。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/03/10 20:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-385「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる