CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-359「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2014/02/12 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

今一緒にいないと、道を踏み外すかも 
 移動遊園地で曲芸バイクショーをしながら各地を巡り、その日暮らしの気ままな生活を送る孤独な天才ライダー、ルーク。
 ある日、かつての恋人ロミーナと再会した彼は、彼女が自分との子どもを密かに生んでいたことを知り、根無し草生活から足を洗うことを決意する。しかし職探しは上手くいかず、母子を養うために銀行強盗に手を染める。
 そんなルークを、正義感にあふれる新米警官エイヴリーが追い詰めていく。
 15年後、何も知らないルークの息子ジェイソンとエイヴリーの息子AJは高校で出会い、すぐに仲良くなるのだが。(「allcinema」より)


 罪を巡る父親同士の因果が、15年の時を経て息子たちにも影響していく様を描いたクライム・ドラマ。

 監督は「ブルーバレンタイン」のデレク・フランシスで、同じく「ブルーバレンタイン」に主演したライアン・ゴズリングと、「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー賞にノミネートされたブラッドリー・クーパーの二人が主演。

 物語は、二部構成、ある意味では三部構成となっているよう。

 前半は、曲芸バイクショーを生業にしている、ライアン・ゴズリング演じるルークが主役で、かつての恋人が産んだ自分の子供のために銀行強盗を働くが、警官たちに追われることになる。

 そして、最後にルークを追い詰める警官、ブラッドリー・クーパー演じるエイヴリーが次の主役という感じになっていく。

 エイヴリーがルークが立てこもった部屋に突入した際に銃撃戦となるのだが、その瞬間、あれ? と思うのだが、やっぱりその疑念が、その後エイヴリーの脳裏に大きな罪となって残っていく。

 エイヴリーはルークの事件でヒーローとしてもてはやされるが、それでも苦悩は残り、やがて彼に大きな決断をさせる。

 事件から15年後、何の因果か、エイヴリーの息子AJは、高校で何も知らないルークの息子ジェイソンと仲良くなっていく。

 しかし、全てを知ったジェイソンは、ある決断をするのだが。


 こういう過去の因果が、その先に影響を与える物語というのは面白い。

 それまで気ままな根無し草生活であったルークが、子供がいることを知って、生活を変えようと決断するところは良かったが、なかなか職探しもうまくいかず、結局銀行強盗に手を染めるというのは、見ていても辛いものがあったな。

 最初はうまくいっても、結局最後には警察に追い詰められる運命となってしまう。

 ルークを追い詰めたエイヴリーにどんな運命が待ち構えているのか、というところが気になったが、彼の前に登場してくるのが、ルークの息子であるジェイソン。

 全てを知ったジェイソンが、エイヴリーに対し取る行動がクライマックスとなる。

 恐らく罪の因果はどこかで断ち切らなければ、知らずのうちに、それは続いてしまうものなんだろう。

 そんな中で、ジェイソンが果たして復讐を果たすのかが気になる結末でもあった。

 父と子の絆、父と子を巡る罪の因果などを描いて、なかなか良質なクライム・ドラマであった。

 ライアン・ゴズリングとブラッドリー・クーパーも良かったが、エイヴリーの同僚警官デルカを演じたレイ・リオッタも印象的。
 悪いやつだったな。

/5

監督:デレク・シアンフランス
出演:ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデス、レイ・リオッタ
    ローズ・バーン、ベン・メンデルソーン、デイン・デハーン、マハーシャラ・アリ
    エモリー・コーエン、ブルース・グリーンウッド、オルガ・メレディス
於:新宿バルト9
Place Beyond the Pines
Milan Records
2013-04-09
Mike Patton


Amazonアソシエイト by Place Beyond the Pines の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデス、デイン・デハーン共演。「ブルーバレンタイン」の監督さん。 逃れられない「宿命」に取り込まれていくような、親の罪が子の世代にまで引き継がれるという血の因果を巡る運命の物語。 バイクスタントの男と一人の警官、そして彼らの息子たち。父親たちのドラマのほうが濃密だからこそ、歳月を経た息子たちの運命がまた活きてくるんですね。 ルークのパートがやっぱり凄く良かったな。正直映画としても前半部分でぐっとこないと、そのあとだらけちゃうも... ...続きを見る
いやいやえん
2014/02/12 08:40
「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」
ライアン・コズリングを観たくて鑑賞。私の中でライアン・コズリングは「君に読む物語」の人ではなくて、「ドライヴ」で強烈な犯罪者役者としてのデビューを飾り、「L.A.ギャングストーリー」でそのポジションを不動のものとした、とにかくイケてる犯罪者。そして女を守る男。色んな意味で女好き。車やバイクを手足のように操り乗り回し、華麗なガン捌き。とまあ、色んなものが混じってる訳ですが。 ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2014/02/24 13:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-359「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる