CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-357「トランス」(アメリカ・イギリス)

<<   作成日時 : 2014/02/10 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

封じ込めたい記憶もある 
 ゴヤの傑作『魔女たちの飛翔』がオークション会場から盗まれる。実行犯はギャングと手を組んだ競売人のサイモンだった。
 ところが彼は、なぜかギャングのリーダー、フランクに絵を渡さず抵抗し、逆に殴り返される。その拍子に記憶の一部を失い、名画の隠し場所を思い出せなくなってしまうサイモン。
 そこでフランクは、催眠療法士のエリザベスを雇い、サイモンの記憶を探ることに。
 ところがエリザベスは、そんなフランクの狙いに感づき、自分をパートナーに迎えるようフランクに迫るしたたかで曰くありげな女だった。
 そんな中、本格的なサイモンの催眠療法が始まる。しかし、嘘と秘密にまみれた三者の思惑は入り乱れ、事態は思いもよらぬ方向へと転がり始め。(「allcinema」より)


 「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー賞を獲得し、2012年のロンドン・オリンピックでは開会式総監督を務めたダニー・ボイル監督の「127時間」以来の監督最新作。

 ジェームズ・マカヴォイ演じるサイモンは、オークション会場で働く競売人。

 ある日、オークション中に強盗が入り、サイモンは手順どおりに高価な絵画を隠そうとするが、強盗のリーダー、ヴァンサン・カッセル演じるフランクと鉢合わせをしてしまい、抵抗を試みるが、逆に頭を殴られ、絵画を奪われてしまう。

 頭を殴られ、一時的な記憶喪失となってしまったサイモンの前に、フランクたち強盗一味が現れる。

 ここで、実はサイモンはフランクたちと組んで、絵画を盗もうとしていたのが判る。
 しかし、何故かサイモンは抵抗し、しかもどこかに絵画を隠したようなのだが、全く思い出せない。

 そこで、フランクはサイモンに催眠療法を受けさせるために、ロザリオ・ドーソン演じる催眠療法師エリザベスの元へ治療に行かせる。

 エリザベスはサイモンに治療を施すが、事情を知った彼女は、フランクに自分も仲間に入れるよう要請する。

 ここからサイモンの記憶の秘密と共に、サイモン、フランク、そしてエリザベス、それぞれの思惑が絡み合い、先がどのような展開になっていくのか読めなくなってくる。

 最初はサイモンに「助けてあげる」と言って、彼らに近づくエリザベスであるが、そんな彼女はフランクとも親密になっていく。

 このエリザベスが何を考えて行動しているのかが判らなくて、話を混乱させる役となっていたな。

 話の流れからすると、強盗のリーダー、フランクに対して、サイモンとエリザベスが協力して、何とか一泡吹かせようとする展開になるような感じがするのだが。

 クライマックスに近づくにつれて、思いもしなかった事実が明らかになってきて、更に三人の立場が二転三転して、どんどん緊迫感の高まる展開となっていく。

 サイモンの記憶には驚かされたが、催眠療法師を恋人にするのは、ちょっと怖いものがあるな、とも感じる作品だった。

 多分、冒頭から予測される展開を覆す結末だろうな。

/5


監督:ダニー・ボイル
出演:ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン
    ダニー・スパーニ、タペンス・ミドルトン、サイモン・クンツ、マット・クロス
於:TOHOシネマズ シャンテ
トランス オリジナル・サウンドトラック
ユニバーサル ミュージック
2013-10-02
サントラ


Amazonアソシエイト by トランス オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
トランス
観てるこっちもトランス状態に。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/03/04 22:32
トランス
【概略】 オークション会場からゴヤの名画を奪った競売人・サイモンは、ギャングのリーダーに殴られた衝撃で記憶を失い…。 サスペンス ...続きを見る
いやいやえん
2014/12/22 14:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-357「トランス」(アメリカ・イギリス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる