CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-364「セブン・サイコパス」(イギリス)

<<   作成日時 : 2014/02/17 01:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

確かに目には目を≠ヘ人を盲目にさせる 
 アメリカ、ロサンジェルス。脚本家のマーティは「セブン・サイコパス」というタイトルだけが決まっている作品の執筆を請け負うが、1行も書けないまま締め切りだけが迫ってくる。
 そこで見かねた親友の売れない俳優ビリーは、ネタ集めにと“サイコパス(イカれた奴)募集”の新聞広告を勝手に出してしまう。するとさっそくマーティのもとには、全米中の凶悪犯を殺しまくったと自慢するアブない男ザカリアが現われる。
 一方ハンスという男の下で愛犬誘拐詐欺のバイトにも精を出すビリーは、危険なマフィア、チャーリーの愛犬に手を出してしまい大ピンチ。
 こうしてマーティの周りには、図らずも映画のネタにはもってこいのサイコパスな奴らが次々と集まってくるのだが。(「allcinema」より)


 新作「セブン・サイコパス」の執筆が全く進まない脚本家のマーティ。
 見かねた友人で売れない俳優のビリーは、マーティのために新聞にサイコパス募集≠フ広告を勝手に出す。

 やがてマーティの周囲には、危ない奴らが集まり始め、彼らが起こすトラブルにマーティも巻き込まれていくことになる。

 そんなマーティと、彼の周囲に集まるサイコパスたちの姿を描いたクライム・コメディ。


 タイトルは、マーティが脚本を依頼された映画のタイトル。

 そして、7人のサイコパスが登場するストーリーにもなっているようであるが、一応その一人にマーティも数えられているようである。

 コリン・ファレル演じるマーティは、登場人物の中では一番まともな感じで、どちらかと言うと、サム・ロックウェル演じるビリーが起こす言動に巻き込まれていく役柄。

 ビリーが一番サイコパスな感じだったかな。

 クリストファー・ウォーケン演じるハンスという男の下で、愛犬を誘拐し、後日自分が見つけたふりをして、飼い主に犬を戻し、謝礼を受けるという詐欺も行っているビリー。

 そしてビリーは愛犬家であるマフィアのボス、チャーリーの犬を誘拐し、チャーリーとその手下に追われる身となってしまう。

 何故かマーティもビリー、そしてハンスと共に逃げるはめとなるが、果たして3人はチャーリーの追跡をかわすことができるのか、あるいは対決することになってしまうのか。

 サイコパスな奴らの姿を時にコミカルに、時にシリアスに描いているが、彼らが交わす会話にも面白いものがある。

 追われるマーティたちに、追うチャーリーという図式が後半の展開であったが、必ずしも善と悪という図式でもない。

 ビリーが度を越したようなイカレっぷりを見せ、それはチャーリーをもしのぐような感じ。

 そして序盤に登場する、ダイヤのAを残すヒットマンという存在も気になる。
 
 サイコパス募集≠フ広告を見てやって来た、トム・ウェイツ演じるザカリアという男もちょっと怪しい感じであったが、彼の語るストーリーもサイコパスなもの。

 物語の展開としては、どこが終着点となるのか読みにくいものがあったが、笑いと暴力が混ざり合ったストーリーで、面白い内容の作品ではあった。

 7人のうちの1人のサイコパス、アンジェラとしてオルガ・キュリレンコも出演していたが、その扱いはちょっと酷いものだったかな。

/5

監督:マーティン・マクドナー
出演:コリン・ファレル、サム・ロックウェル、ウディ・ハレルソン、クリストファー・ウォーケン、トム・ウェイツ
    アビー・コーニッシュ、オルガ・キュリレンコ、マイケル・ピット、マイケル・スタールバーグ、ヘレナ・マットソン
於:新宿武蔵野館

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
セブン・サイコパス
ただいま 実地体験で執筆中 [E:pen]公式サイト http://7-psychopaths.jpアメリカ、ロサンジェルス。猟奇映画の脚本を依頼されたマーティ(コリン・ファレル)は、タイトルだけは「 ...続きを見る
風に吹かれて
2014/02/25 11:21
セブン・サイコパス
アイディアに行き詰った脚本家マーティに、親友ビリーがネタ探しのために、新聞広告でサイコパスを募集してしまうという話ですが、コリン・ファレルの垂れた太眉が、余計に困った感を増幅させます(笑) で、これ完全に主役が食われている。一応主人公はコリン・ファレルなんですけども、サム・ロックウェルもクリストファー・ウォーケンも強烈。結局一番のサイコパスはビリーだった気がするなあ。 劇中での脚本制作という二重構造をうまく使って、なかなかドライな作風に仕上がっている。トラブルに巻き込まれて、なぜか命... ...続きを見る
いやいやえん
2014/05/03 09:00
『セブン・サイコパス』
セブン・サイコパス 映画脚本家の遅筆にネタ集めの為、 新聞に「サイコパス募集」の広告を載せるが... ...続きを見る
cinema-days 映画な日々
2015/01/24 15:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-364「セブン・サイコパス」(イギリス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる