CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-336「REDリターンズ」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2014/01/17 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

入国2日目で銃殺なんて 
 元CIAエージェントのフランクは、恋人サラと2人でようやく手にした平穏を満喫していた。
 そんなある日、元相棒のマーヴィンが現われ、フランクを新たなミッションに誘う。これを断固拒否するフランクだったが、思わぬトラブルに巻き込まれ、結局スパイの最前線に舞い戻るハメに。
 32年前、フランクとマーヴィンは、米ソ冷戦下のモスクワで小型核爆弾製造に関する極秘プロジェクトに関わった過去があった。そして今、その極秘計画が再び動き出し、彼らは核爆弾を奪ったテロリストとの濡れ衣を着せられ、各国諜報機関から命を狙われる事態に。
 自分たちの汚名を晴らし、行方不明になった核爆弾を発見すべく、真相解明へと乗り出すフランクとマーヴィンだが。(「allcinema」より)


 引退した元CIAのエージェントたちが事件に巻き込まれ、大暴れするアクション・コメディ「RED レッド」の第2弾。

 恋人のサラと平穏な生活を送っていた、ブルース・ウィリス演じるフランクの元に、再びジョン・マルコヴィッチ演じるマーヴィンが現れ、新たなミッションに誘ったことから思わぬトラブルに巻き込まれていく。

 かつて関わった極秘ミッションを理由にFBI、更にMI6からも命を狙われることになり、フランクはマーヴィン、サラと共に事件の調査に携わることとなる。

 もちろん、元MI6の女スパイ、ヘレン・ミレン演じるヴィクトリアも登場するが、彼女はMI6よりフランクたちの射殺命令を受ける。

 そして、フランクたちの暗殺を受けたもう一人が、イ・ビョンホン演じるハン。
 かつてフランクと何らかの因縁があり、フランクに恨みを持っている世界一の腕を持つ殺し屋。

 世界一の殺し屋だということで、どれだけクールな役柄なんだろうと思っていたが、やたらとキレやすく、吠えまくっているという役柄。

 このハンの最初の登場シーンは、何か畳の部屋のような場所に、着物らしきものを着るというシーンであったが、これって中途半端に日本テイストが混じっているような感じがしたな。

 ロシアのスパイ、カーチャ役でキャサリン・ゼタ=ジョーンズが、天才物理学者で極秘ミッションに関わっていたベイリーをアンソニー・ホプキンスが演じ、なかなか豪華なベテラン役者たちが勢ぞろいである。

 元々はグラフィック・ノベルを映画化したものということで、コミカル要素は満載である。

 全くの堅気で、スパイ経験などないフランクの恋人、サラであるが、ややアドレナリン中毒気味で、フランクの危険な任務に喜んで、強引に割り込んでいく。
 しかも、フランクの元カノと思しきカーチャの登場で、対抗意識も芽生え、フランクを振り回していく。

 大爆発からカーチェイス、体を張ったアクションなども満載でアクション・エンターテインメントとしては十二分に楽しめる一本。

 一応、ミッション遂行という主線はあるが、その都度その都度に笑いを織り交ぜたコメディともなっている。

 なかなかアクションは華麗なものも多く、特に車を使ったアクションは見応えあったな。
 カーチャが滑らかな運転でフランクを車に乗せるシーンに、ハンが運転する車に同乗しているヴィクトリアの二挺拳銃捌きのシーンは良かったな。

 騙し騙され、命を狙われながらも、最後は協力して世界を救おうとするREDの面々。

 それにしても、最後は大爆発で終わったが、あれって核爆弾じゃなかったのか。
 それとも単なる誘発爆弾だったのか。

 ハチャメチャとも言える内容ではあるが、前作と同じく充分楽しめるアクション・コメディであった。

/5

監督:ディーン・パリソット
出演:ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、メアリー=ルイーズ・パーカー、イ・ビョンホン、ヘレン・ミレン
    キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンソニー・ホプキンス、ブライアン・コックス、ニール・マクドノー
    デヴィッド・シューリス、スティーヴン・バーコフ、ティム・ピゴット=スミス、ギャリック・ヘイゴン
於:TOHOシネマズ渋谷

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「REDリターンズ」 アクションとコメディの塩梅がいい
前作「RED/レッド」がスマッシュヒットということで、その続編。 「RED/レッ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2014/01/18 22:40
REDリターンズ
前作同様、頭空っぽにして楽しめた。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/02/03 00:40
REDリターンズ
うーん、あちこち移動するので何かめんどくさい話になっている…。 そして前作より、シニア度が下がってるのではないかな?これ往年の元スパイたちが活躍するから良かったのであって、年齢層が下がったら普通のアクションもので特徴がなくなっちゃいましたね。 そして、前作もそうだったのだけれど、いいところはやっぱりヘレン・ミレンさんのシーン。かっこよかったねえ。 無駄なアクションが多いのは気になります。それで興奮度をあげてるんでしょうが、ちょっと過剰でした。 フランクの恋人サラ役のメアリー=ルイ... ...続きを見る
いやいやえん
2014/05/12 15:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-336「REDリターンズ」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる