CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-293「ビザンチウム」(イギリス・アイルランド)

<<   作成日時 : 2013/12/06 02:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

すべて憶えている、それが私の重荷 
 海辺の寂れた保養地に現われた謎めいた美女ふたり。儚げな16歳の少女エレノアと8歳年上の妖艶なクララ。
 クララは街で出会った青年を言葉巧みに丸め込み、彼が所有するゲストハウスに身を寄せると、いつの間にか女たちを集めて娼館を開いてしまう。
 一方、ひとり静かに過ごすエレノアは、難病で余命わずかの若者フランクと出会い、恋に落ちる。
 しかしクララとエレノアには、決して誰にも明かせない秘密があった。ふたりは人の生き血を吸い、永遠の命を生きるヴァンパイアの母娘だったのだ。
 やがて愛するフランクには本当のことを打ち明けたいと苦悩するエレノアだったが。(「allcinema」より)


 「ラブリーボーン」「ハンナ」のシアーシャ・ローナン主演のファンタジー・ホラー。

 シアーシャ・ローナンが演じるのは、永遠の16歳として200年も生きているヴァンパイアの少女エレノア。

 200年も生きるヴァンパイアの少女というと「ぼくのエリ 200歳の少女」を思い出させるが、本作も「ぼくのエリ 200歳の少女」に負けず劣らず切なくて、ピュアな雰囲気を醸し出すヴァンパイア・ストーリーであった。

 エレノアは、他人の血を吸って200年も生きる自分の存在を罪深いものだと、心に痛みを感じていた。
 エレノアが血を吸うのは、余命いくばくもない老人たち。

 そんなエレノアの秘密を知るのが、8つ年上のクララ。
 彼女もヴァンパイアであるが、エレノアとは正反対に、生きていくことに貪欲で、秘密を知る者、邪魔だと思う者を殺しては血を吸っていく。

 どうも彼女たちは何者かに追われているようで、放浪しては隠れるように暮らしていたが、そんな彼女たちがたどり着いたのが、クララが丸め込んだ男が相続したホテル。

 そのホテルの名前がビザンチウム≠ニいう名で、タイトルになっている。

 エレノアは自分と似たような雰囲気を持つ青年フランクと出逢い、惹かれていき、自分の秘密を打ち明けたくなる。

 そんな苦悩を抱えるエレノアの姿と、エレノアを護り、生き延びることに貪欲なクララを対照的に描きながら、物語が進んでいく。

 彼女たちを追う者たちが何者であるかというのが、彼女たちの身に起こった200年前の出来事を描きながら明らかになっていく。

 果たして、クララとエレノアは、彼女たちの命を狙う者たちから逃れることができるのか、エレノアはフランクに全てを明かし、そして二人の関係がどうなるのか、気になるところである。

 フランクは、白血病で余命わずかという身の青年であったが、演じたのは「アンチヴァイラル」のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。
 病気という設定だからだが、「アンチヴァイラル」の時と同じく、顔色は悪かったな。

 そんなフランクだから、エレノアが彼の血を吸い、殺してしまうのかというところも気になる。

 クララとエレノアを追う者の中には、クララがヴァンパイアになる前から顔見知りであったダーヴェル大尉がおり、彼と仲間が、クライマックスでクララたちを追い詰める。

 結末は、ある意味どんでん返しという感じもするが、クララは200年前の想いをようやく遂げることができたということかな。
 そしてエレノアがフランクに施したこと。

 これまでたった二人で孤独に生きてきたクララとエレノアが、孤独から解放されたということなんだろう。

 クララとエレノアが行き着いた海辺の街の、鈍色の空と海、その気候というところが作品にマッチしており、ヴァンパイアものであるが、どこかファンタジックで切ないものを醸し出していた。

 雰囲気も良く、惹き込まれる作品だった。

/5

監督:ニール・ジョーダン
出演:シアーシャ・ローナン、ジェマ・アータートン、サム・ライリー
    ジョニー・リー・ミラー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ダニエル・メイズ
    マリア・ドイル・ケネディ、ウォーレン・ブラウン、トゥーレ・リントハート、トム・ホランダー
於:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
Byzantium Ost
Silva Scre
2013-06-21
Javier Navarette


Amazonアソシエイト by Byzantium Ost の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ビザンチウム
シアーシャ・ローナンが相変わらず綺麗! ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/12/16 01:21
ビザンチウム
【概略】 誰にも明かせない秘密を抱える16歳の少女・エレノアは、8歳年上のクララと海辺のホテル“ビザンチウム”を隠れ家として利用することになり…。 ホラー ...続きを見る
いやいやえん
2014/10/31 09:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-293「ビザンチウム」(イギリス・アイルランド) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる