CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-307「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2013/12/19 01:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

悪霊は全てのものを腐らせる 
 勤務中に銃弾を浴びて殉職してしまったボストン警察のエリート警官、ニック・ウォーカー。
 天国に旅立ったはずが、途中で“R.I.P.D.”という部署にスカウトされる。そこは、死後も現世にとどまり悪事を働くゴーストたちを取り締まるあの世の警察署。
 R.I.P.D.で働くことを受け入れたニックは破天荒なベテラン・エージェント、ロイシーファス・パルシファーとコンビを組み、再び地上へと舞い戻ることに。
 愛する妻ジュリアと感動の再会かと思いきや、なんとニックの現世での姿は中国人のヨレヨレ爺さんだった。セクシーなブロンド美女姿のロイに嫉妬しながらも、彼と一緒に悪霊退治に励むニックだったが。(「allcinema」より)


 成仏できない霊を取り締まる天国の警察署R.I.P.D.≠ナ働く二人のエージェントの活躍を描くアクション・コメディ。

 アメリカン・コミックスを原作とした作品。

 ライアン・レイノルズ演じる警官のニックは勤務中に銃弾を浴びて殉職してしまい、そのまま天国へ行くかと思いきや、天国の警察署R.I.P.D.≠ノスカウトされ、ベテラン・エージェントの、ジェフ・ブリッジス演じるロイとコンビを組んで、悪霊を取り締まることになる。

 なかなかエンターテインメントとして楽しい作品ではあった。

 ただ、取り締まるのが悪霊と宇宙人という違いはあれど、新米エージェントがベテラン・エージェントと組んで仕事をこなすようになるという設定など、どうしても「メン・イン・ブラック」シリーズとダブってしまうな。

 R.I.P.D.≠ニいう組織の様子もM.I.B.≠フ雰囲気そっくりであったし、悪霊の描き方に関しても、人間になりすましているが、あるもので刺激を与えると正体を現すのだが、その正体の現し方や、容貌なども、「メン・イン・ブラック」の宇宙人とそっくりであった。

 もしかして、製作陣が「メン・イン・ブラック」と同じなのか、あるいは、はじめから意識したものだったのかも。

 1800年代からエージェントをしているロイの破天荒ぶりや、その言動に振り回されるニックの様子などは面白いものがあった。

 二人は人間界を回って捜査するのだが、実際人間たちから見た彼らの姿が、金髪美女と中国人の老人という設定も面白かったが、それでは暴れまわる悪霊たちは、どのように見えたのだろうか。

 そのあたりの人間たちの反応が今ひとつ判りにくかったような感じ。

 実は、ニックの死には悪霊が関わっていることも発覚し、更に彼らの目的は現世に悪霊たちをあふれさせること。
 そして突然の死で別れることとなったニックの恋人にも悪霊が近寄り、死の危険にさらされる。

 果たして、ニックとロイは悪霊たちを退治して、世界を救うことができるか。

 そして、霊となったニックは恋人にその存在を感じてもらうことができるのか。

 クライマックスでのシーンなど、特殊効果を駆使して、なかなか壮大な話となっていたが、どうしても「メン・イン・ブラック」と被って、新鮮味を感じることができなかったのが残念だったな。

/5

監督:ロベルト・シュヴェンケ
出演:ライアン・レイノルズ、ジェフ・ブリッジス、ケヴィン・ベーコン
    メアリー=ルイーズ・パーカー、ステファニー・ショスタク、マリサ・ミラー
    ジェームズ・ホン、ロバート・ネッパー、マイク・オマリー、デヴィン・ラトレイ
於:池袋HUMAX CINEMAS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゴースト・エージェント R.I.P.D.
単純明快な娯楽作品で純粋に楽しめた。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2014/01/01 18:13
???????????? R.I.P.D.??MIB??????????
???????????????????????????????????????? ...続きを見る
??????????
2014/01/15 16:33
ゴースト・エージェント R.I.P.D.
エイリアンにはMIB、レプリにはデッカード、悪霊退治なら、オレたちにまかせろ! ジェフ・ブリッジスはまだしも、ライアン・レイノルズはあんまり好きじゃないなあ…なんか(顔?印象?が)薄くて。…と思ってたら、ケヴィン・ベーコンががが! 設定は面白いものの、MIBやゴーストバスターズの二番煎じであるというのは否めない。なんかもひとつ感が漂う。でもまあ面白い。 主観は生前の姿で見えるのですが、生きている人たちには彼らは違う人物に見えるという設定にての、主人公→中国人のちっこいハゲたおじい... ...続きを見る
いやいやえん
2014/05/01 09:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-307「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる