CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-287「スキャナーズ3」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2013/12/01 01:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

その力を災いとするか幸福とするか選択せよ 
 陽気な主人公アレックスはスキャン能力を使って悪ふざけの最中誤って親友を殺してしまう。あまりの絶望に悩む彼は単身タイに修行の旅に。
 その2年後、彼の父はスキャナー用新薬エフ3を開発、父が禁じたにもかかわらず彼の姉は勝手にそれを使用、次第に彼女の性格に変化が現れる。(「allcinema」より)


 「スキャナーズ」「スキャナーズ2」に続くシリーズ第3弾。

 前作に続きクリスチャン・デュゲイが監督にあたり、クローネンバーグは特に関わっていないようである。

 生まれながらスキャナーの能力を持ち合わせる姉弟のヘレナとアレックスは、研究者であるモネ博士の下でひっそりと暮らしていた。

 しかし、あるパーティでアレックスはちょっとした悪ふざけで友人を死なせてしまい、自分をコントロールする力を得るためにタイへと修行に出る。

 事故の後、特に警察が関わることもなくアレックスがタイへ行っているということが、ちょっと不思議であったが、そこで大いなる力を持つこととなる彼は精神の修行を積み重ねていく。

 アレックスがタイで修行をしている間、姉のヘレナは力を使用することによって引き起こされる頭痛に悩まされていたが、モネ博士が開発した試薬を無断で使うと、頭痛に悩まされることもなくなる。

 しかし、その薬には副作用があり、やがてヘレナの性格が変わってきて、世界征服を企み、邪魔者をどんどん抹殺していくようになる。

 そんなヘレナは世界支配に邪魔になるであろうアレックスの抹殺をも企み、タイへとスキャナーを送り込む。

 こうして姉と弟の壮烈な対決が始まる。

 スキャナーである姉と弟の対決というと、1作目の兄と弟の対決と同じ兄弟対決と同じような設定である。

 残虐シーンも1作目に近いものが復活したかな、という印象。

 逆にストーリーとしては、それ程大きく変わったこともなく、スキャナーでありながら、進む道が違う姉弟の姿を描いている。

 それにしても悪の道を歩もうとするのは、兄、姉と必ず上の者なんだな。

 新しい展開というわけではなかったが、スキャナー同士の対決に戻って、なかなか熾烈なバトルを見せてくれるSFアクションであった。

/5

監督:クリスチャン・デュゲイ
出演:スティーヴ・パリッシュ、リリアナ・コモロウスカ、ヴァレリー・ヴァロワ、ダニエル・パイロン
於:新宿武蔵野館
Scanners 3: Takeover [VHS] [Import]
Republic Pictures
1996-04-02


Amazonアソシエイト by Scanners 3: Takeover [VHS] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-287「スキャナーズ3」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる