CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-296「サイド・エフェクト」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2013/12/08 00:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

状況と薬の被害者 
 インサイダー取引の罪を犯した最愛の夫マーティンの収監に心を痛めた若妻エミリー。うつ病に苦しめられた末、ようやくマーティンが出所した矢先に自殺未遂を起こして入院する事態に。
 そんなエミリーの担当となった精神科医のバンクスは、彼女に新薬を処方し、症状の改善を図る。
 ところが新薬の副作用で夢遊病を発症したエミリーは、ある時ついに夢遊病の状態で夫を刺殺してしまう。
 担当医のバンクスは薬を処方した責任を追及され、窮地に追い込まれるが。(「allcinema」より)


 「オーシャンズ」シリーズ、「インフォーマント!」「コンテイジョン」などのスティーヴン・ソダーバーグ監督の最新作。
 一応引退を発表しているソダーバーグ監督の最終作品だということだが。

 うつ病の女性に新薬を処方したところ、その副作用によって彼女が夢遊病となり、夫を刺殺するという事件が発生し、その責任追求と、思わぬ陰謀に巻き込まれていく医師の姿を描いたサスペンス。

 「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」「アンナ・カレーニナ」等のジュード・ロウが追い詰められる医師バンクスを演じ、新薬の副作用から殺人を犯してしまう女性エミリーを「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」等のルーニー・マーラーが演じている。
 
 他にもキャサリン・ゼタ=ジョーンズやチャニング・テイタムが出演。

 うつ病の新薬を処方されたエミリーは殺人を犯すが、心神喪失状態ということで殺人罪は問われず、精神医療センターで治療を受けることになる。

 その間世間から糾弾されるのは、新薬を開発した製薬会社と、その薬を処方した医師のバンクス。

 バンクスは失墜していく自分の地位、そして崩壊しようとしている家族を守るために奔走するのだが、彼が必死になろうとすればするほど、どんどん深みにはまっていく。

 話としては、バンクスが思いも寄らぬことでどんどん落ちていくという姿を映し出し、ちょっと薬の恐ろしさも表しているような作品なのかなという感じがした。

 しかし、バンクスは事件の裏にある思わぬ真相を掴み、それによって自らの潔白を証明しようとするのだが、ことはそう簡単にはいかない。

 このままバンクスは医師としても、一社会人、家庭人としても落ちたままという皮肉な結末になるのかなと思ったが、バンクスは起死回生の手段を講じていく。

 エミリーが夫を殺すこととなった事件の裏に巡らされる計算された事実に対し、バンクスも事件の真相を自らの手で解き明かし、明るみに出そうと手立てを講じていく。

 そのあたりの心理戦のような展開は非常に面白かった。

 全てにしっかりと決着を付ける様は、観ていてスッキリするものもあり、よく考えられたものだなと感心する。
 発端となる事件も、バンクスの手段も、よく計算されたものだった。

 ちゃんと決着を付けるところは、オーソドックスなサスペンスではあったが、展開自体は非常に興味深く、惹き込まれる作品だったな。

 ソダーバーグは本当に引退するのかな。
 リュック・ベッソンも前言撤回したのだから、ソダーバーグも監督続けて欲しいものだ。

/5

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼダ=ジョーンズ、チャニング・テイタム、ヴィネッサ・ショウ
    アン・ダウド、カルメン・ペラエス、マリン・アイルランド、ポリー・ドレイパー、ジェームズ・マルティネス
於:TOHOシネマズみゆき座

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サイド・エフェクト
中盤から終盤にかけての展開が面白い。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/12/16 01:20
サイド・エフェクト
うーんこれは他人事ではない。私も精神科医から処方箋をもらって薬を飲んでる身ですからね、ただ、新薬ではないですけども。 ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタムさんら共演。うふっ 精神科医バンクスのもとに、夫マーティンがインサイダー取引の罪で収監され出所した、うつ病の女性エミリーが来院する。新薬を処方するも副作用で夢遊病を発症してしまう。そして、ある日彼女は夢遊病状態のまま殺人事件を起こしてしまう…。主治医の責任を問われたバンクスは独自調査に... ...続きを見る
いやいやえん
2014/03/23 08:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-296「サイド・エフェクト」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる