CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-295「ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2013/12/07 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

普通になんてならなくていい 
 サウスカロライナ州ガトリン。17歳のイーサン・ワイトは、最近繰り返し見る夢に悩まされていた。
 その夢は、ミステリアスな若い女性が南北戦争の戦場で彼のことを待っており、イーサンは彼女の元へ行きたいのだが、得体の知れない危険が彼を阻み、命を落とすというものだった。
 イーサンの母が急死して以来、父は自室に引きこもっている。イーサンは南部の保守的な町で、悶々とした日々を送っていた。
 そんなある日、謎めいた美少女レナ・デュケインが転校してくる。ゴシック様式の建物レイヴンウッドの館のオーナーで資産家のメイコン・レイヴンウッドの姪で、彼の屋敷に住み始めたらしい。
 一瞬で惹かれたイーサンは、彼女の行く先々についていくようになる。(「KINENOTE」より)


 アメリカでベストセラーになっているというヤングアダルト小説を映画化したファンタジー・ロマンス。

 アメリカ南部の田舎町を舞台に、転校してきた一人の謎めいた少女と、彼に恋をした青年が運命に立ち向かう姿を描いている。

 17歳のイーサンは毎夜同じ夢を見て悩まされていたが、ある日転校してきた少女レナが夢に出てきた少女と同じことから彼女に興味を惹かれていく。

 町の人々と交流しない資産家メイコンの姪で、彼の屋敷に住むことになったレナは、彼女に近づいてくるイーサンを最初は突き放そうとするのだが、人懐こい彼にやがて惹かれていき、二人は恋に落ちる。

 そしてレナはイーサンに秘密を明かすのだが、その秘密が彼らの運命に大きく立ちはだかることになる。

 話としては、「トワイライト・サーガ」シリーズを思い出させるものだったな。

 魔術師の少女と普通の青年の禁断とも言える恋。
 16歳の誕生日を迎えたとき、魔術師は自分の持つ心から、光か闇かどちらかの魔術師となる。

 闇の魔術師になることを恐れるレナをイーサンは励まし、護ろうとするが、イーサンと共にいることが、レナを更に闇へと向かわせる原因となっていることが発覚する。

 青春ロマンスとファンタジーを組み合わせた作品ということで、ロマンスの方はベタな展開ながら、二人の禁断とも言える関係がどのような運命に向かっていくのか気になる。

 魔術師としてのレナに関しては、光か闇かの魔術師になろう時が迫るのに対し、彼女を闇へと引き込もうとする魔術師たちも現れたりして、こちらもどのような展開となるかは気になる。

 イーサンの夢と、イーサンとレナの過去からのつながり。そして過去にレナの祖先が使った禁断の術によってかけられた一族の娘たちへの呪い。
 
 ファンタジー部分も色々要素があって面白かったのだが、ちょっとガッカリだったのが、レナを闇の魔術師へと引き込もうとする者の存在感。

 闇の魔術師の中でも最強の者だと言われていたような気がするが、クライマックスでの展開では、いやにアッサリとした扱いだったな。

 レナがイーサンを護ろうと決意して取った行動には、ちょっと切ないものを感じさせる。

 いずれにしても、ティーン向けの青春ファンタジー・ロマンスであり、それなりに面白い展開であったが、ちょっと王道的過ぎるところもあったかな。

 日本では単館の期間限定公開ということで、こじんまりした感のある作品であるが、実際は製作費に60億円もかけられた大作であるらしい。

 そのためか、エマ・トンプソンやジェレミー・アイアンズ、ヴィオラ・デイヴィスなど、それなりに名のある俳優も出演している。

 レナの従姉妹で、闇の魔術師であるリーナを演じていた女優が綺麗で、何か見たことあるなと思っていたら、「オペラ座の怪人」「ポセイドン」のエミー・ロッサムであった。
 見るのは「DRAGONBALL EVOLUTION」以来だなと思ったら、彼女の映画出演もそれ以来だったらしい。

 自らの手で運命を切り開こうとする少女と、彼女を励まし、護ろうとする青年の姿を映し出し、青春ロマンスだけで見ると面白かったかな。

/5

監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
出演:オールデン・エアエンライク、アリス・イングラード、エマ・トンプソン、ジェレミー・アイアンズ、エミー・ロッサム
    ヴィオラ・デイヴィス、トーマス・マン、アイリーン・アトキンス、マーゴ・マーティンデイル、ゾーイ・ドゥイッチ
於:シネマート新宿

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者
原作は少女向けラブファンタジー小説のようで、いわゆる「トワイライト」シリーズの仲間って感じですかね。 魔術や呪いを操るキャスターと呼ばれる家に生まれた少女リーナと、そんな彼女に恋しちゃったイーサンのラブファンタジーなんでしょうが、後半盛り上がりに欠けるのが勿体無い。 リーナは16歳で「光」か「闇」のどちらかに選ばれる宿命を背負っており、それは目前に迫っていた。彼女の母親は最強の闇の魔術師で、闇へと引き込むよう彼女に近づく。 トワイライトシリーズより好感かな、こっちのが純愛って感じが... ...続きを見る
いやいやえん
2014/03/03 09:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-295「ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる