CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-268「ナゾトキネマ マダム・マーマレードの異常な謎 出題編」(日本)

<<   作成日時 : 2013/11/13 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最初の台詞だ 
 30年前、巨匠監督・藤堂俊之介は、妻と家族に3本の短編フィルムと謎の言葉を残してこの世を去る。
 ある日、“この世で唯一、解けない謎がない女”マダム・マーマレードは、死期の迫った巨匠の妻からナゾトキの依頼を受ける。
 こうして、残された3本の短編を手がかりに、謎の解明に乗り出すマダム・マーマレードだったが。(「allcinema」より)


 先日公開された「貞子 3D2」ではスマ4D版≠ニいうものが公開され、アトラクションのような様相を呈していたようだが、本作は、劇中で提示された謎を観客も一緒に解くという、観客参加型ムービー。

 映画というよりはアトラクションで、こういう作品は映画好きとしては微妙なところもあるが、興味はあったので、鑑賞することに。

 要は、今流行りだというリアル脱出ゲーム≠フ映画版ということらしいが、恥ずかしながら、名前は聞けども、実際どんなものかは知らない。

 ただ、鑑賞直前に、TVでリアル脱出ゲーム≠ノついての講義のようなものを放映していて、偶然それを観たお陰で、本作の謎解きのきっかけも多少判ることができたかな。

 「絶叫学級」等の川口春奈演じるマダム・マーマレードが、映画監督であった故藤堂俊之介が残した謎を解くため、その遺族たちの元を訪れ、監督が残した3本の短編を観る。

 観客もその3本の短編を観ながら、散りばめられた謎を拾い集めながら謎を解いていく。
 観客は解答用紙にその答えを書いて劇場に提出、正解者は後に公開される「解答編」で名前がエンド・ロールで記されるということらしい。

 3本の短編にそれぞれキーワードとなる言葉が隠されており、一本終わるとシンキング・タイムとなる。
 何人かでやって来た観客は相談しながらキーワードを解き明かそうとしていた。

 全てのキーワードが判ると、解答にたどり着く、のかなと思ったが、そこからまた答えを導き出さないといけなかった。

 監督が忌まわの際に残した言葉と、3本の短編に隠されたキーワード。
 ここまでは判ったのだが、そこから導き出される答えがなかなか難しかった。

 アトラクションとしては確かに面白かったが、最初の短編でキーワードが判らなかったら、後はつまんないかもしれないな。

 ただ、3本の短編が意外と面白く、きっちりと観ても楽しめるかもしれない。

 女子中学生の淡い初恋物語に、ホラー、そして家族の愛の物語。

 「ゴールデンスランバー」「みなさん、さようなら」の中村義洋に、「おろち」「POV(ピーオーヴィ) 呪われたフィルム」の鶴田法男、そしてぴあフィルムフェスティバルでグランプリを獲ったという上田大樹が監督に当たっているので、結構惹き込まれる作品になっている。

 作品をがっちり観ると、キーワードが見つけられなかったりするかな。

 純粋な映画というわけではないが、3本の短編が面白かったのには、ちょっと満足した。

/5

監督:中村義洋、鶴田法男、上田大樹
出演:川口春奈、高畑淳子、山崎一、池田成志、オクイシュージ、井口恭子、若松武史、並樹史朗
    杉咲花、山本舞香、広山詞葉、池谷のぶえ、安藤玉恵、加藤和樹
    中越典子、須賀貴匡、野中隆光
    江口のりこ、柳町夏花、原舞歌、蟹江一平、中村隆天、森康子
於:TOHOシネマズ渋谷画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-268「ナゾトキネマ マダム・マーマレードの異常な謎 出題編」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる