CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-238「ロード・オブ・セイラム」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2013/10/20 01:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

我らの主たる魔王よ現れよ 
 1692年、アメリカの片田舎セイラム。村の女7人が魔女として告発され、死刑を宣告される。しかしその中の1人は、判事とその末裔に呪いをかけ、死んでいった。
 そして2012年。地元ラジオ局でDJをするハイジ・ホーソーン。
 ある日、見知らぬリスナーから古いレコードが届く。それを試聴した彼女は、不気味な感覚に襲われる。
 彼女は魔女たちを処刑した判事の末裔であり、レコードを再生したとき、あの魔女の呪いが解き放たれたのだった。(「allcinema」より)


 1692年に実際にあった、25名もの死者を出したセイラム魔女裁判≠題材とし、現代のセイラムの街を舞台にして、魔女たちの呪いが蘇る様を描いたホラー。

 監督は「マーダー・ライド・ショー」「ハロウィン」のロブ・ゾンビ。

 セイラムの街でDJをしている女性ハイジの元に、ザ・ロード≠ニいう名の差出人から1枚のレコードが届く。

 そのレコードを再生すると、ハイジの気分が優れなくなり、やがて多くの幻覚を見るようになる。
 それは1692年に殺害された魔女たちの呪いが再び解き放たれたのだった。

 ハイジの住むアパートの5号室は空き部屋のはずなのに、そこに人がいるのを目撃するハイジ。
 やがて、ハイジの周囲に突然現れるようになる恐ろしき人物の姿。

 レコードに込められた音が、魔女たちの呪いに関わるものであったり、時折挿入される音楽など、そこはロックの帝王≠ニも呼ばれているらしいロブ・ゾンビらしいものがあったかな。

 話としては、ハイジがレコードを聴いてから徐々に体調を崩し、幻覚に悩まされていく様を描いており、そこに魔女たちの呪い、あるいは復活の兆しを見ることが出来る。

 一応、音楽を聴いた歴史学者が音楽について調べたり、ハイジのDJ仲間が彼女のことを心配したりするところもあるのだが、基本はハイジに起こる変化、恐怖を描いているだけである。

 魔女たちの呪いに関して、まさか彼女たちが絡んでいるとは思わなかったが、確かに怪しい雰囲気も持っていたかな。

 ホラーとしては、ちょっとした大きな音や突然の登場で驚かせたりするが、話の展開自体には、そんなに怖いと思うような部分は多くなかったな。

 どちらかと言うと、現実なのか、幻なのかよく判らないシーンの連続で、幻想的な世界へ誘い込むような感じであった。

 ハイジ以外の人物に、それ程恐怖感が迫ってこなかったのが、あまり怖くないと思う一つの要因だったのだろう。

 ハイジを演じたのは、「マーダー・ライド・ショー」や「デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2」から、ほぼ全てのロブ・ゾンビ作品に出演している、ロブ・ゾンビの奥さんであるシェリ・ムーン・ゾンビ。
 ポスター・ビジュアルである白塗りの人物の正体もハイジだったようだが、「デトロイト・メタル・シティ」の中で松山ケンイチが演じていたクラウザーを思い出させるな。

 セイラム魔女裁判に関わっていた判事の一人、ジョン・ホーソーンは実在の人物で、本作でもその名前は出ていたが、アメリカの小説家ナサニエル・ホーソーンは、ジョン・ホーソーンの子孫ということらしい。

 それにしても、ネットでそんなに個人情報を調べられるものなのかな。
 祖先を探そう.com≠ネんてサイトあるんだな。
 しかし、ハイジの本名が判った時点で、その祖先は推測できそうな気もするが、学者はネットで調べるまで気付かなかったんだな。

 ちょっとロブ・ゾンビ作品にしてはおとなしめな感じのホラーだったかな、という印象の作品。
 色々なビジュアル面は印象的だったが、恐怖感はちょっと弱かった。

/5

監督:ロブ・ゾンビ
出演:シェリ・ムーン・ゾンビ、ブルース・デイヴィソン、ジェフリー・ダニエル・フィリップス、ケン・フォリー
    ジュディ・ギーソン、ディー・ウォーレス、メグ・フォスター、パトリシア・クイン、マリア・コンチータ・アロンゾ
於:ヒューマントラストシネマ渋谷

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ロード・オブ・セイラム
ジャケット画をみて不安に思ったが、実際にあった「セイラム魔女裁判」を題材に作られた、サイケデリック・トリップ・エンターテインメント・ホラー…ってなんじゃらほい、と思ってレンタル。 セイラム魔女裁判で裁判にかけられた女性が判事に呪いをかけたのですが、現代その判事の子孫に当たるラジオDJハイジのもとへ届いた一枚のレコードにより解き放たれた魔女の呪いは、次第にセイラムの街全体を蝕み始める―。 始まって40分近くたつが、つまらない…。魔女ババアに「王の子を産め!」といわれて火曜までが終わる。... ...続きを見る
いやいやえん
2014/03/11 08:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-238「ロード・オブ・セイラム」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる