CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-232「相棒シリーズ X DAY」(日本)

<<   作成日時 : 2013/10/15 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

複雑な真実よりも判りやすい嘘を好む 
 ある日、一人の銀行員の焼死体が発見される。
 判明した男の身元は、東京明和銀行本店システム部の中山雄吾。ネットに不正アクセスし、機密情報を流した疑いでサイバー犯罪対策課にマークされていた人物だった。
 捜査に当たるのは、殺人事件で調べを進める警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一と、不正アクセス容疑の真相を追うサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬。
 互いに考え方も捜査方法も対照的な2人は、衝突しながらも協力して事件を追っていく。
 しかし、やがて事件は思わぬ広がりを見せ始め、2人の捜査も得体の知れない圧力に晒されていくことになるのだが。(「allcinema」より)


 人気TVドラマ「相棒」シリーズの劇場版はこれまで「相棒 −劇場版ー 絶体絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン」「相棒 −劇場版U− 警視庁占拠!特命係の一番長い夜」と2作あったが、そのスピンオフ作品として製作された「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」に続く第2弾。

 川原和久演じる、警視庁捜査1課刑事、伊丹憲一と、田中圭演じる、サイバー犯罪対策課専門捜査官の岩月彬の二人が、ある殺人事件を共に捜査していくことになる相棒′^刑事サスペンス。

 謎のデータがばら撒かれ、その後削除。
 おそらくそのデータをばら撒いたと思われる男が焼死体で発見され、その男をマークしていたサイバー犯罪対策課の岩月と、伊丹が共に捜査にあたることになる。

 伊丹は全くのアナログ人間で、刑事魂だけで捜査にあたろうとする男で、逆に岩月はコンピュータに精通しているが、やや人間的感情に疎い感じの男。

 そんな正反対の男二人が、何かと対立しながら、捜査を進めていく展開をちょっと面白おかしく、シリアスに見せてくれる。

 正直主役としては、伊丹と岩月の二人というのはかなり地味めな感じは否めなかったが、「相棒」シリーズに登場する他のキャラクターが多く出演してくるので、そこはオールスター感を感じられる。

 水谷豊演じる杉下右京と、及川光博演じる神戸尊も登場して、事件に関連するデータを調査する。

 伊丹と岩月が事件を捜査する裏で、警視庁及び警察庁上層部や、金融庁、政治家が思惑を蠢かせ始め、一つの殺人事件の捜査に圧力がかかってくる。

 なかなか裏で動いているものが大きなもので、それが日本全体を破滅、変えてしまうかもしれないもの。

 今日の日本経済を考えると、怖いものがあったな。

 そんな圧力に対して二人の刑事は事件解決、犯人逮捕に至ることができるのか、気になるところである。

 華やかさはあまりなかったが、そこに描かれているものは結構シリアスであり、社会派サスペンスとして充分楽しめる雰囲気のものであったな。

 バディとして活躍する伊丹と岩月の決断もなかなか気持ちいいものであった。

/5

監督:橋本一
出演:田中圭、川原和久、国仲涼子、別所哲也、深水元基、戸次重幸、関めぐみ
    矢島健一、田口トモロヲ、宇津井健、木村佳乃、鈴木杏樹、大谷亮介、山中崇史
    山西惇、六角精児、神保悟志、原田龍二、小野了、片桐竜次、水谷豊、及川光博
於:新宿バルト9
「相棒シリーズ X-DAY」オリジナルサウンドトラック (初回生産限定) (2枚組ALBUM)
ハッツ・アンリミテッド
2013-03-06
池 頼広


Amazonアソシエイト by 「相棒シリーズ X-DAY」オリジナルサウンドトラック (初回生産限定) (2枚組ALBUM) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
相棒シリーズ X DAY
見応えあって面白かった! ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/10/27 00:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-232「相棒シリーズ X DAY」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる