CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-228「大英雄」(香港)

<<   作成日時 : 2013/10/11 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

愛してる、が足りなかったのかな 
 オウヤンは女王と結託し、王位の証である鼎を手に入れようとするが、王女は武術の師弟を味方につけ立ち向かう。(「KINENOTE」より)


 「楽園の瑕」撮影中に、ウォン・カーウァイ監督の完璧主義のために、一時撮影が中断したということで、ほぼ同じキャスト、同じスタッフで1週間で撮影されたという作品。

 監督はさすがにウォン・カーウァイではなく、ジェフ・ラウがあたっている。

 「楽園の瑕」と同じく「東邪西毒」をモチーフにしているが、パロディものということで、「楽園の瑕」とは全く異なる荒唐無稽な作品となっている。

 基本ラインは、中国のある国の女王が、武術使いのオウヤンと手を組んで、王女を陥れようとするが、王女は武術の師弟を味方につけ、女王たちに立ち向かおうとする、というもの。

 オウヤンを演じたトニー・レオンやレオン・カーファイ、レスリー・チャンがコミカルな演技を見せて、更にコテコテのギャグをてんこ盛りにしている。

 レオン・カーファイがオカマ役で弾けたり、仙人になろうとしたり、水晶使いに、空飛ぶ魔法の靴が登場したりと、もう何でもあり、という感じの作品だった。

 武術の達人が住むという山に訪れた王女たちが出逢うのが、着ぐるみの動物たち。
 変装した人間なのか、と思ったが、一応動物たちという設定だったんだな。

 かつての荒唐無稽と言われた香港映画にオマージュを捧げ、更に出演者たちが、セルフ・パロディのような役をこなしていたということらしかったのだが、そのあたりは詳しくなかったので、よく判らなかったな。

 そんなわけで、何でもあり、の作品で、話もあるような無いようなという感じだったので、荒唐無稽さを楽しむという作品で、これにはまらなかったら、ちょっと厳しい作品かもしれないな。

 個人的にはかなり笑わせてもらったので、まずまずだったが、やっぱり話を追ってしまうと、こんなの有りかな、と思わなくもなかったが。

/5

監督:ジェフ・ラウ
出演:レスリー・チャン、トニー・レオン、マギー・チャン、ブリジット・リン
    レオン・カーファイ、ジャッキー・チュン、ジョイ・ウォン、カリーナ・ラウ、ヴェロニカ・イップ
於:シネマート六本木
大英雄 [DVD]
角川書店
2013-08-07


Amazonアソシエイト by 大英雄 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-228「大英雄」(香港) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる