CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-224「フローズン・グラウンド」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2013/10/08 02:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

家から逃げ出し、自分を救ったように、今度は逃げずに娘たちを救ってくれ
 1983年、アラスカのアンカレッジ。
 17歳の娼婦シンディが警察に保護される。彼女はロバート・ハンセンという男に監禁レイプされ、殺されそうになったと訴える。
 しかしハンセンは地元警察でも善良と評判の名士だった。当然警察はシンディの証言をまったく信用せず、事件化は見送られようとしていた。
 ところが、その調書がたまたまアラスカ州警察の部長刑事ジャック・ハルコムの目に留まる。
 身元不明女性の変死体発見が相次ぎ、同一犯による連続殺人事件の可能性が浮上する中、ハルコムはハンセンに疑いの目を向け、捜査を開始するが。(「allcinema」より)

 
 1983年に逮捕されるまで、12年間にわたり24人以上の女性を拉致監禁、性的暴行を加え、アラスカの荒野で解き放ち、狩りをするようにライフルで殺していたロバート・ハンセン。

 実際にあったアンカレッジ女性連続殺人事件≠基に製作されたクライム・サスペンス。

 連続殺人犯の逮捕に執念を見せる州刑事ジャック・ハルコムを演じるは「ゴーストライダー2」などのニコラス・ケイジ。
 犯人のロバート・ハンセンを演じるのは「コレクター」「殺しのナンバー」などのジョン・キューザック。

 冒頭、シンディという女性が、男に拉致監禁、レイプされ、殺されそうになったところで逃げ出してきたと訴えるシーンから始まる。

 このシンディが、犯人に対して恐怖を覚えながらも、ハンセン逮捕の大きな鍵である人物となる。

 そういう役割で、演じている女優も見たことある人だな、と思っていたら、「ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー」のヴァネッサ・ハジェンズだった。

 11歳から体を売っているという役で、結構な汚れ役だったな。

 犯人は最初から判っているので、犯人捜しのミステリーというわけではなく、凶悪な犯罪を繰り返しているハンセンを、ジャックがどのように追い詰め、逮捕するのかというところが焦点となる。

 そして重要な証人となるのがシンディであるが、犯人に脅え、ジャックに諭されながらも、ハンセンに対峙することが出来ずにいる。

 そんな3人の姿を映し出しながら、捜査が展開されていく。

 24人も殺したというハンセンであるが、ちょっとその動機や背景の描写が弱かったな。
 普通に家族もおり、町の善良な市民として知られている男が、何故にそのような事件を引き起こしたのか。

 劇中でも一人の女性を監禁し、殺害するシーンがあるが、いたって普通だったな。

 家族のために警察を辞めようとしているジャックは、連続殺人の可能性が浮上し、犯人逮捕に執念を見せる。

 ジャックの妻アリーを演じたのは、「サイレントヒル」のラダ・ミッチェルであったが、出番は少なめ。
 事件に入れ込むジャックを怒ったかと思うと、次には背中を押す。

 ハンセンが犯人だと決め、逮捕、捜索するクライマックスの展開はなかなか緊迫感があったが、それまでの捜査の様子はこれと言った決め手、驚かされる展開もなかったな。。

 そんな中で、シンディが命を狙われるという展開にもなり、こちらでも緊迫感は多少なりとも上がってくる。

 本作は事実を基に作られているということで、拉致されて唯一生き残ったシンディも実在の人物。
 劇中の被害者女性たちの写真は実際のものを使ったらしく、エンド・ロール前にも全ての写真が映し出される。

 アメリカ中を震撼させた連続殺人を描いた作品ということで、その全貌は確かに興味深いものであったが、展開や犯人像は今ひとつインパクトがなかったかな。

 一応最後はスッキリとさせる結末ではあったが、サスペンスの展開としては少々物足りなさも残る作品だった。

/5

監督:スコット・ウォーカー
出演:ニコラス・ケイジ、ジョン・キューザック、ヴァネッサ・ハジェンズ、ディーン・ノリス
    オルガ・ヴァレンティーナ、マイケル・マグレイディ、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ
    キャサリン・ラ・ナサ、ラダ・ミッチェル、カーティス・“50 Cent”・ジャクソン
於:池袋シネマ・ロサ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「フローズングラウンド」
実話を元にした物語。20年前に実際にアラスカで起こった、連続レイプ殺人事件(犯人はロバート・ハンセン。劇中ではボブ・ハンセンとなっている。)を挙げるための捜査を描いている。ボブ・ハンセンは1970年から検挙される1983年までに、12年間で24人以上の女性を拉致監禁、殺害した。しかも全員の遺体が発見された訳ではなく、幾人かはまだアラスカの凍った大地に眠っているのだ。 ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2013/10/31 12:38
フローズン・グラウンド
犯人の魔の手から逃げてきた唯一の被害女性を守りながら犯人逮捕に燃えるアラスカ州警察の巡査部長と、容疑者の息詰まる攻防を描いたクライム・サスペンス。 ニコラス・ケイジとジョン・キューザックが共演。ヴァネッサ・ハジェンスさんが鍵となる娼婦の少女を演じてました。 実刑461年で今も刑務所に服役しているという実際の犯人…「アンカレッジ女性連続殺人事件」の実話を基にした作品です。←こういうのに弱い。 容疑者自体はすぐ見つかっていたんですね。ただ、善良な市民と思われている彼ハンセンを立件できる... ...続きを見る
いやいやえん
2014/02/24 08:27
フローズン・グラウンド
フローズン・グラウンド [DVD](2014/03/04)ニコラス・ケイジ、ジョン・キューザック 他商品詳細を見る 【The Frozen Ground】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 ...続きを見る
miaのmovie★DIARY
2014/11/14 16:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-224「フローズン・グラウンド」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる