CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-223「シャドー・ダンサー」(アイルランド・イギリス)

<<   作成日時 : 2013/10/08 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

おまえを守るために彼女は殺される 
 北アイルランドに暮らすコレットは、幼い頃からIRA(アイルランド共和軍)の活動に従事する家族の中で育ち、いつしか自らもIRAの闘争に身を投じていく。
 そんなコレットは1993年、ロンドンで爆破未遂事件の容疑者として逮捕されてしまう。
 幼い息子を抱えるシングルマザーのコレットに対し、MI5(イギリス諜報局保安部)の捜査官マックは、拘留を免除する代わりにスパイとしてIRA内部の動向を監視・報告するよう迫る。選択の余地のないコレットは、家族を欺き、密告者として生きることを決意する。
 やがてIRA幹部がスパイの存在を疑い始める一方、マックもまた、コレット以外にも内通者がいると気づき、自らの上司に疑いの目を向け始めるが。(「allcinema」より)


 1993年、幼い頃からIRA(アイルランド共和軍)の活動に従事していた女性が、MI5(イギリス諜報局保安部)の捜査官よりスパイになることを強要される。

 爆破未遂事件の容疑者とされたその女性、コレットはシングル・マザーであり、MI5の捜査官マックは、スパイになるか、拘留され、幼い息子と別れるか、と迫る。

 息子と別れることのできないコレットは、スパイとして活動することを決断するが、それはIRAとして活動する家族への裏切りにもなることだった。

 コレットが、息子のためにやむを得ずスパイとなって活動する姿を描き出すが、彼女が幼い頃からIRAとして活動する家族への裏切りにもなることで、そこには葛藤が生まれる。

 彼女がマックに情報を渡したことにより、その結果、計画がばれていると感じ、疑問を抱いたIRAの仲間が、密告者がいることを疑い、見つけ出そうと躍起になり、徐々にコレットに迫ってくる。

 コレットに迫る危険に緊迫感が上がってくるが、同時にマックはコレット以外にもスパイがいるのでは疑い始め、命の危険にさらされているコレットを救おうと、そのスパイを見つけ出すために必死になる。

 コレットをただスパイとして扱うような感じではなく、親身なっているようで、心惹かれてもいるマック。

 果たしてマックはもう一人スパイを見つけ出し、コレットを救い出せるのかがクライマックスへの展開で、惹かれていく。

 しかし、マックが見つけ出した真実、そして彼によって暴かれたことにより、思いも寄らぬ展開となる。

 マックにとっては何とも皮肉な結末となったな、という感じで、驚きもあったな。

 IRAの活動の中で、家族を護りながら家族を欺かなければならなかった女性の葛藤が描かれ、そして彼女と、彼女をスパイとした捜査官の運命を痛切に描いた作品となっている。

 なかなか面白い話で、驚愕の結末であった。

 コレットを演じたアンドレア・ライズブローはイギリスを代表する演技派女優ということらしいが、あまり知らない人であったが、本作の後、「ビトレイヤー」に出演し、そしてハリウッドに進出したのか、「オブリビオン」でトム・クルーズと共演していたな。

/5

監督:ジェームス・マーシュ
出演:アンドレア・ライズブロー、クライヴ・オーウェン、ジリアン・アンダーソン
    ブリッド・ブレナン、エイダン・ギレン、ドーナル・グリーソン
    デヴィッド・ウィルモット、スチュアート・グレアム、マーティン・マッキャン
於:シネスイッチ銀座
シャドー・ダンサー [DVD]
東宝
2013-07-26


Amazonアソシエイト by シャドー・ダンサー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シャドー・ダンサー
盛り上がりがなく淡々と進むので、徐々に睡魔が・・・。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/10/13 22:39
「シャドー・ダンサー」
彼女はIRAのメンバーであり母であり・・・そしてスパイ。 もうひとりのスパイ。 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2013/10/26 16:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-223「シャドー・ダンサー」(アイルランド・イギリス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる