CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-124「今日、恋をはじめます」(日本)

<<   作成日時 : 2013/07/04 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あなたのおかげで、私は私を見つけることができた 
 女子高生の日比野つばきは、真面目だけが取り柄の地味でダサダサのガリ勉“昭和女”。
 おしゃれや恋とは無縁と思っていた彼女だったが、高校の入学式当日、成績トップのイケメン男子・椿京汰にクラスメイトの前でいきなりファーストキスを奪われ、“俺の女にする”と宣言されてしまう。
 突然の出来事に混乱し、強引な京汰に激しく反発するつばき。
 しかし彼の意外な優しさに触れて、戸惑いつつも次第に京汰に惹かれていくつばきだったが。(「allcinema」より)


 恋やおしゃれを諦めていた昭和女%比野つばきが、高校入学と同時に、成績トップのイケメン、椿京汰と出逢い、思ってもいなかった出来事に遭遇しながら、徐々に彼に惹かれていく姿を描く、学園ラブストーリー。

 水波風南のコミックが原作。

 ダサい女と言っても、演じているのが武井咲だろ、ということは置いておかないと、とりあえず話が楽しめないので、気にしないようにして。

 ガリ勉で地味系の日比野つばきは、イケメン男子の椿京汰にいきなりファースト・キスを奪われ、更に「俺の女にする」と宣言までされてしまう。

 あり得ないことに戸惑い、怒りながらも、京汰の意外な優しさに触れたりして、徐々に惹かれていく。

 地味な女の子が、イケメンと付き合うという展開が、あり得ないような設定で、夢を見させるような内容だったな。

 京汰がつばきを強引にコーディネイトしていくシーンがあるが、やっぱり元がいいことが、よく判る。
 逆に言えば、やっぱり恋愛などは、自らに対する自信も必要なんだということが判るな。

 話としては、つばきと京汰が本当に付き合うことになるまでの障害などを描き、後半は付き合い続けることの不安と将来の夢に関して描いている。

 京汰はイケメンで、彼に憧れる女子は何人もいたが、実は京汰は過去にあったことのトラウマから、女性に対し、不信感を持っており、必ずしも真剣にはなれなかった。

 そんな京汰の心を変えたのが、つばきであり、それまで京汰に想いを寄せていた女子もつばきを応援したりする。
 多分、ほとんどの女子の京汰に対する気持ちは、アイドルに対する気持ちと同じようなものだったんだろうな。

 後半は、つばきの京汰と付き合い続けることへの不安と、将来に対する不安を描いており、やがて自分が本当にやりたいことを見つけ出すという展開。

 ただ恋が成就するというような話に終わらず、将来の夢に関しても描いた作品で、つばきの成長する姿も描いている。

 二人の恋愛の行方が一番気になる話であるが、単に恋が成就するだけでなく、付き合ってからの変化も描いており、なかなか気になる作品だった。

 とは言っても、古い感覚で言う少女ロマンスの作品ではあったな、という印象だった。

/5

監督:古澤健
出演:武井咲、松坂桃李、木村文乃、青柳翔、山ア賢人、新川優愛、高梨臨、高岡早紀
    長谷川初範、麻生祐未、村上弘明、ドーキンズ英里奈、藤原令子、上遠野太洸
於:渋谷HUMAXシネマ
「今日、恋をはじめます」オフィシャル・アルバム
ERJ
2012-12-05
オムニバス


Amazonアソシエイト by 「今日、恋をはじめます」オフィシャル・アルバム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-124「今日、恋をはじめます」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる