CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-096「プラチナデータ」(日本)

<<   作成日時 : 2013/06/07 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

人の可能性はDNAだけでは決まらない 
 近い将来の日本。
 政府は全国民のDNAデータを極秘裏に収集し、あらゆる事件の捜査に活用していた。それは“プラチナデータ”と呼ばれ、検挙率100%、冤罪率0%の社会が実現しようとしていた。
 警察庁の科学捜査機関“特殊解析研究所”に所属する神楽龍平は、この画期的なDNA捜査システムを開発した天才科学者。
 ところがある時、このシステムが連続殺人事件の犯人として神楽を導き出してしまう。
 まさかの事態に逃亡を余儀なくされた神楽。そんな彼を、現場叩き上げの敏腕刑事・浅間玲司が執拗に追い詰めていくが。(「allcinema」より)


 最先端のDNA捜査による検挙率100%となった社会で、その捜査の導入者でもある科学者、神楽が、ある事件の犯人のとして、DNA捜査で挙げられてしまう。

 身に覚えのない神楽は、その事件の真相を暴こうと逃亡する。

 警視庁捜査1課の浅間刑事に追われる中、徐々に真相に近づいていくと共に、驚愕の真実が明らかになるサスペンス・ミステリー。

 「白夜行」「麒麟の翼 劇場版・新参者」と同じく東野圭吾が原作の作品であるが、この設定を聞くと、トム・クルーズ主演の「マイノリティ・リポート」を思い出すな。

 そんなこんなで逃亡することになった、二宮和也演じる神楽であるが、警視庁科学捜査機関が開発していたのは、DNA捜査だけではなく、全方位監視網であり、監視カメラなどを通じて捜査対象を見つけ出すというもの。

 これを見ていたら、将来プライバシーなんて無くなるんじゃないだろうか、と恐ろしくなるな。

 神楽が真実を追いかけていく中で、大きな陰謀が明らかになるという展開を期待したのだが、意外とそういう直球な話ではなく、ちょっと変化球的な話になっていたな。

 何と言っても、神楽自身に疑いの目を向けさせ続けるのが、神楽自身にある秘密であったな。

 そして、殺人の犠牲者となった、水原希子演じる蓼科早樹と神楽との関係。

 神楽が逃亡する際に、手を貸すのが、神楽の同僚で、杏演じる白鳥里沙。
 同僚であり、神楽を信じて手を貸しているのかな、と思うが、そこにも裏に隠された秘密があったんだな。

 個人的には、もっと謎解きのある展開を期待していたが、実際はそれ程でもなかったかな。

 終盤は、神楽自身の秘密も含めて、かなりヒューマン・ドラマ色が強くなったな。

 DNA捜査の基礎となる国民のDNAデータをプラチナデータ≠ニ呼んでいるが、事件の裏には真のプラチナデータ≠ニいうものが隠されている。

 最後に明かされるそれに関しては、これまでにも考えられる秘密であった。

 全てがデータによって決まるわけではない、という終盤のテーマも、これまでに使われたテーマを少し脚色した感じのものだったかな。

 ただ、話の展開自体はなかなか興味深くて、神楽の運命、そして彼が見つけ出す真実が何なのか、惹き付けるものであったのは確かだった。

 蓼科早樹が入院していた病院の先生役に、鈴木保奈美。
 「のぼうの城」でも出演していて久しぶりだな、と思ったが、時代劇とは違って、現代劇、近未来劇で観るのは本当に久しぶりだった。
 でも、さすがに齢重ねた感じは否めなかったな。

/5

監督:大友啓史
出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村育二、萩原聖人
    中丸新将、ヨシダ朝、菅原大吉、小木茂光、小浜正寛、小松利昌、阿部翔平、内田滋、中代雄樹、柊子
於:池袋シネマ・ロサ
プラチナデータ DVD スタンダード・エディション
東宝
2013-09-27


Amazonアソシエイト by プラチナデータ DVD  スタンダード・エディション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラチナデータ
二宮君ファンなら満足な一本かも。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/06/08 01:19
「プラチナデータ」 クールさが立つ
全国民のDNAデータをデータベースに登録し、それにより犯罪捜査を行う。 映画の冒 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/06/09 06:32
【映画】プラチナデータ
<プラチナデータ を観ました> ...続きを見る
★紅茶屋ロンド★
2013/09/12 10:08
プラチナデータ
うーんいまひとつ微妙な作品でした。 二宮さんの存在、役回り、演技、キャラクターがあっていないんですよ。童顔というのもそうなのですが、天才科学者にはどうしてもみえない。脇が豊川さんだとか保奈美さんだとか杏さんだとか、存在感があるのと背の高い人ばかりというのも損しているのかもしれない。…というわけで、まず主演がよくない。 作品自体は誰もが一度は考えた事のある近未来管理社会…になりそうな社会。 リュウという二重人格をもつ神楽、彼が発案したものをプログラム化する蓼科早樹、彼女が作ったモーグ... ...続きを見る
いやいやえん
2013/11/13 10:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-096「プラチナデータ」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる