CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 13-019「サイレント・ハウス」(アメリカ・フランス)

<<   作成日時 : 2013/04/09 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

頭に穴が開いている 
 父親と共に湖畔の別荘を訪れたサラ。
 訪問の目的は、長いこと放置され、すっかり荒れ果てた建物を修繕し売却できるようにすること。
 ところがやがて、サラは薄暗い屋内で得体の知れない音を耳にし、不安を感じ始める。(「allcinema」より)

 湖畔の別荘で、姿を現さない何者かに襲われる少女の恐怖を描いたホラー・サスペンス。

 1940年代にウルグアイで実際起こったという事件を映画化した「SHOT/ショット」というウルグアイ映画をハリウッド・リメイクしたのが本作である。

 恐怖に襲われるサラを演じたのは、「ビーストリー」などに出演したメアリー=ケイト・オルセンの、双子ではない妹であるエリザベス・オルセン。

 作品が始まってしばらくして、ほとんどカット無しで進んでいるのに気付く。

 「SHOT/ショット」は全編リアル・タイム進行のワンカット撮影という触れ込みだったらしく、本作も同じくワンカット撮影のリアル・タイム進行である。

 実際「SHOT/ショット」はワンカットに見えるような撮影だったらしいが、本作はどうだったのかな。

 ワンカットである共に、カメラは常にサラに付いており、全編サラ目線での映像になっているので、ある意味P.O.V.と同じである。
 しかし、濫作であるP.O.V.作品と違って、ちょっとこの映像は新鮮味があったな。

 部屋の中から怪しい音が聞こえ、やがて一緒にいた父親の姿も見えなくなる。
 部屋の中に何者かがいるような雰囲気であるが、それが実際の人間なのか、霊の類なのか、序盤はなかなかハッキリせず、サラと同じような恐怖感を感じさせてくれる。

 部屋の中を彷徨うサラが、突然現れたものに驚き、逃げ惑うシーンがあるのだが、何が見えたのか、ちょっと判りにくいシーンがあり、それがちょっとヤキモキさせられたな。

 中盤頃から見知らぬ少女の姿が見えるような展開になっていくので、これはちょっと霊の類かなということが判ってくる。

 果たして、この少女は何者か、ということが気になってくるが、クライマックスになって明かされた事実には、ちょっと微妙なところがあったな。

 結論の一つとしては、確かに考えられるものであったが、それでも、これまでの繋がりという部分ではスッキリしないところがあったな。

 結末としては、今ひとつだったかな、という感じはしたが、ワンカット、サラ目線で進んでいくリアル・タイムの映像は、サラと同じような恐怖心を抱かせてくれるもので、なかなか緊迫感をもたらしてくれる作品であった。

 エリザベス・オルセンは、正直美人というタイプではなかったが、ちょっと憂いを湛えた感じで、更に直面する恐怖をよく体現していたな、という印象であった。

/5

監督:クリス・ケンティス、ローラ・ラウ
出演:エリザベス・オルセン、アダム・トレーズ
    エリック・シェーファー・スティーヴンス、ジュリア・テイラー・ロス、ヘイリー・マーフィ
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
ポスタ- A4 パターンA サイレント・ハウス (2013) 光沢プリント
写真フォトスタンド APOLLO


Amazonアソシエイト by ポスタ- A4 パターンA サイレント・ハウス (2013) 光沢プリント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サイレント・ハウス
主人公はエリザベス・オルセンさん、オルセン姉妹(の片割れ)でした(海外ドラマ「フルハウス」のミシェル役)。 全編ワンシーン&ワンカットの撮影に見える特殊な演出のウルグアイ映画「SHOT/ショット」のリメイク作品なんだそうです。 どうやらベースになった実際の事件があったようですね。 ワンカットに見えるということは実際にはワンカットではないということですよね。どこで整合されたのかが気になります。暗転した部分かな? 主人公の過敏反応がちょっとうるさかったけど、叔父さんもお父さんも見栄え... ...続きを見る
いやいやえん
2013/07/24 08:00
サイレント・ハウス
エリザベス・オルセンの胸の谷間に目が釘付け。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/09/03 18:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
13-019「サイレント・ハウス」(アメリカ・フランス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる