CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-390「桐島、部活やめるってよ」(日本)

<<   作成日時 : 2013/03/03 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

俺は、いいよ 
 金曜日の放課後。バレー部ではキャプテンを務め、成績も優秀な学園の“スター”桐島が、突然退部したらしいとの噂が校内を駆け巡る。
 学内ヒエラルキーの頂点に君臨する桐島を巡って、バレー部の部員はもちろん、同じように“上”に属する生徒たち――いつもバスケをしながら親友である桐島の帰りを待つ菊池宏樹たち帰宅部のイケメン・グループ、桐島の恋人で校内一の美人・梨沙率いる美女グループ――にも動揺が拡がる。
 さらにその影響は、菊池への秘めたる想いに苦しむ吹奏楽部の沢島亜矢や、コンクールのための作品製作に奮闘する映画部の前田涼也ら、桐島とは無縁だった“下”の生徒たちにも及んでいくのだが。(「allcinema」より)

桐島、部活やめるってよ - goo 映画

 2012年公開の日本映画では、「かぞくのくに」に次いで評価の高かった作品。

 朝井リョウの原作を「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八が監督した青春ドラマ。

 バレー部のキャプテンで、校内での成績も優秀。
 彼女も校内一の人気女子という、正に校内のヒーロー的存在の桐島。

 金曜日の夕方、その桐島が部活を辞めたという噂が流れ、校内の誰もが動揺、その噂に振り回され始める。

 そこからの学生たちの言動、悩みや想いを映し出していく。

 物語は何人かの視点で描かれ、同じ時間、同じ場所で起こった出来事も、違う視点で何度か描かれたりする。

 たった一人の学生のために、これまでの校内での日常が変わっていく様を描いているようで、それぞれに考えていることや、苛立ち、悩み、嫉妬、怒りなどが深く描かれており、面白い。

 桐島の噂に振り回されるのは、桐島に近い存在である、いわゆるイケてる男女たち。

 そして、イケてるグループには属していない、吹奏楽部の沢島亜矢の秘めたる恋心。
 ちょっとオタク扱いで、映画制作に没頭中の、映画部の前田涼也の姿も映し出す。

 桐島に振り回される面々の言動とは別に、幾つかの恋心も描いており、ちょっと群像劇風の作品だった。

 彼らの行動の基にもなっている桐島の姿は、冒頭から全く映されない。
 あれやこれやの言動を取る、桐島の仲間たちは、果たして桐島に会って話をすることができるのか。

 前田の映画制作は、どのように彼らに関わってくるのか。
 
 先、というより結末が気になる作品であったが、個人的には、このオチはよく判らなかったな。

 とりあえず、ゾンビ映画を撮影している前田たち映画部の面々と、桐島がいると言われて集まってきたイケてるグループの面々が一堂に会すシーンがクライマックスとなる。

 スターの桐島が、今の桐島でなくなってしまったら、彼の周囲にいる自分たちも違う自分たちになってしまうのか。
 もしかすると、新たな桐島が必要となってくるのではないか。

 何となく、そんなことを考えているのではないかと思わされる、学生たちの言動だった。

 しかし、興味深い話で、幾つかの視点で描かれる時間の展開など、面白い作品だとは思ったが、どうしても最後が理解できなかったな。

/5

監督:吉田大八
出演:神木隆之介、橋本愛、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大
    前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、藤井武美、岩井秀人、奥村知史、太賀、大後寿々花
於:シネ・リーブル池袋
桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)
バップ
2013-02-15


Amazonアソシエイト by 桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「桐島、部活やめるってよ」 それでも俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから
高校生くらいになると、幼い時のように無邪気に夢を見ることはできなくなってきます。 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/03/04 00:12
桐島、部活やめるってよ
大後寿々花が可愛くなってたなぁ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/03/12 14:42
桐島、部活やめるってよ
タイトルの桐島君自体はきちんと出てこない作品です。 学校内における上、下の階層なんかはリアルだったなあ。友達関係の中でもあるゴタゴタとかさ。不自由な閉鎖空間の中で生きてきた学生だった人なら、なんとなくわかるはず。 構内風景や会話も現実味がある。映画部のタイトルで笑いが起こるのも、実際そこにいたらおそらく私も笑うだろうと思うし。そんなリアリティのある学内風景の中での、ザッピング形式の登場人物たちのちょっとした日常の変化を描いた群像劇的な世界観を基盤とした映画なのかな。桐島の彼女、友達、... ...続きを見る
いやいやえん
2013/04/26 09:14
桐島、部活やめるってよ(2012-108)
桐島、部活やめるってよ 新宿バルト9 ...続きを見る
単館系
2013/04/26 22:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-390「桐島、部活やめるってよ」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる