CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-398「プレイ 獲物」(フランス)

<<   作成日時 : 2013/03/10 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

まだ監獄には戻れない 
 銀行強盗犯として服役中のフランクは、金の在り処を聞き出そうとする強盗仲間に狙われる日々。しかし刑期も残すところわずかとなり、自分の帰りを待つ愛する妻とかわいい娘との穏やかな日々を夢想していた。
 そんなある日、同房で心を許しあう存在となったモレルが婦女暴行の容疑を冤罪と認められ釈放されることに。そこでフランクは、モレルと連絡先を交換し妻へのメッセージを託す。
 その直後、憲兵を名乗る男がモレルについて質問するためフランクに面会する。男の話を聞き、モレルを信用したことを後悔するフランクだったが、時すでに遅く、妻子と連絡が取れなくなってしまう。
 不安が募るフランクは、ついに脱獄を決意し決行。当局はすぐさま、腕利きの女刑事クレールをフランク追跡に向かわせるが。(「allcinema」より)

プレイ−獲物− - goo 映画

 銀行強盗犯として投獄され、服役中のフランクは、同房のモレルと心を許しあい、冤罪で釈放される彼に妻へのメッセージを託す。

 しかしその後フランクを訪ねてきた憲兵から、モレルが悪賢い犯罪者だということを聞き、不安になったフランクは妻子と連絡を取ろうとするが、連絡が取れない。

 出所間近であったフランクだったが、居ても立ってもいられなくなり、ついには脱獄して、妻子の元へと駆けつけようとする。

 早々に妻のアンナの死体が発見される展開は、さすがにフレンチ・サスペンスという感じで、ちょっと驚きの展開だったかな。

 しかし、まだ幼い娘アメリの行方が判らず、フランクは娘を取り戻すため、モレルの行方を追う。

 そのフランクを脱獄犯、更にアンナ殺害容疑で、腕利き女刑事のクレールが追う。

 追跡者でありながら、逃亡者にもなるフランク。

 なかなか緊迫したサスペンスだった。

 しかも、モレルとその妻クリスティーヌは、アメリをまるでわが子のように連れ回し、その姿もちょっと狂気じみたものを感じる。

 果たしてフランクが無事にアメリを見つけ出し、モレルたちから助け出すことができるのか。
 そして、自らの殺人容疑を晴らすことができるのか。

 展開的にも気になるストーリーである。

 無事アメリを救出し、殺人の濡れ衣を晴らしたとしても、脱獄の罪は免れないフランク。
 どのような結末となるのだろう、と思ったが、そんな中で、結末はこれまたフレンチ・サスペンスらしいものだったな。

 ただ、ラストはこれまた捻った感じで終わらせていたな。

 最後まで目が離せない展開で、惹き込まれるストーリー展開だった。

/5

監督:エリック・ヴァレット
出演:アルベール・デュポンテル、アリス・タグリオーニ、ステファン・デバク、セルジ・ロペス
    ナターシャ・レニエ、カテリーナ・ムリーノ、ジヌディーヌ・スアレム、セルジュ・アザナヴィシウス
於:ヒューマントラストシネマ有楽町
La proie (Bande originale du film)
Milan Music
2011-04-11


Amazonアソシエイト by La proie (Bande originale du film) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プレイ‐獲物‐
個人的にはこじゃれたタイトルをつけて欲しかったな。でも面白かった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/03/12 14:39
プレイ-獲物-
そうとは知らず先に出所した性犯罪者モレルを信じて家族の情報を渡してしまったため、脱獄を図り、女刑事の執拗な追撃をかわしながらも妻子を守ろうとする男を描いた作品です。フレンチ・サスペンスも最近いいのが増えてきたよね。監督さんは「ワン・ミス・コール」の人。 緊張感が途切れることなくテンポ良く展開が進むので、「おお」とか「うわ」とか思ってる暇もない、見せ場の多い捻りの効いた作品になってます。ビルからのガラス突き破って下の車への突き抜けジャンプや、走行中の電車へのダイブ、カーアクションなど、生... ...続きを見る
いやいやえん
2013/07/01 10:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-398「プレイ 獲物」(フランス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる