CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-383「I’M FLASH! アイム・フラッシュ!」(日本)

<<   作成日時 : 2013/02/27 01:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

死んでから気付いても遅いんだよ 
 新興宗教団体“ライフイズビューティフル”の若き三代目教祖、吉野ルイ。
 ある日彼は、流美という謎めいた美女とドライブ中に事故に遭う。ルイは軽傷だったが、流美は意識不明の重体に。
 教団幹部でもあるルイの母と姉が事故のもみ消しに乗り出し、その間ルイは3人のボディガードとともに南の島に身を隠す。
 しかしルイは教団の意志に反して教祖を辞めると宣言してしまう。(「allcinema」より)

アイム・フラッシュ! - goo 映画

 新興宗教の若き教祖が、ある事故をきっかけに自らの人生と向き合い、それによって辿ることになる過酷な運命を描いた人間ドラマ。

 藤原竜也演じる、新興宗教団体ライフイズビューティフル≠フ三代目教祖の吉野ルイは、ある夜、水原希子演じる、謎めいた美女、流美と深夜のドライブを行うが、バイクと衝突事故を起こしてしまう。

 バイクの青年は死亡、流美は意識不明の重体となるが、ルイは軽傷で、教団幹部でもある母と姉によって事故のもみ消しのため、南海の孤島に身を隠すことになる。

 更に、松田龍平演じる新野ら3人の男にボディガードに身を守られる。

 物語は、事故をきっかけに、本当に生死について考えるようになったルイの苦悩と、いびつな考えを持つルイの家族を映し出し、彼ら家族に不思議と惹かれ、彼らを観察する新野の姿が映し出される。

 新興宗教の教祖というのは、その教団にはまって、破滅した人間の家族たちによる怒りを買ったりし、その命を狙われることもあるということで、新野たちが雇われたようだ。

 それにしても、ルイを取り巻く家族というのは、怖いところがあり、家族というよりも、教団の存在を大切にする。

 ルイは苦悩し、ついに教団を辞める決意をするが、そのルイに対し、母親、姉は驚くべき決断をする。

 クライマックスは、教団から新たな依頼を受けた新野たちと、ルイとの対決が描かれ、そこだけ観ると、バイオレンス的な要素を感じる。

 しかし、実際は生と死に関して言及したドラマであったようだ。

 ただ、その部分を読みきれないので、バイオレンス部分だけに注目するような感じになり、最後のルイと新野たちとの対決による結末に、ちょっと驚きを感じ、肩透かしも感じてしまった。

 物語が進行していくうちに、ルイと流美が出逢い、事故に遭うまでの経緯が描き出される。
 そこに意外な真実と、ルイの気持ちの変化を読み取れるのかな。

 ルイの辿る運命と、流美が辿る運命。

 リンクさせているような展開であったが、ちょっとドラマティックすぎたかな。

 ルイの苦悩する姿と決意、新野の厭世的な雰囲気。
 そしてルイの家族が下した決断に、クライマックスの展開と、興味の尽きぬ作品であったが、話の展開としては、今ひとつスッキリする感じのない作品だったな。

 ただ、ハードボイルドな雰囲気は結構好きだったな。

/5

監督:豊田利晃
出演:藤原竜也、松田龍平、水原希子、仲野茂、永山絢斗
    板尾創路、原田麻由、北村有起哉、柄本佑、中村達也、大楠道代
於:テアトル新宿
I'M FLASH! [DVD]
ポニーキャニオン
2013-03-20


Amazonアソシエイト by I'M FLASH! [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-383「I’M FLASH! アイム・フラッシュ!」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる