CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-378「スリーピングタイト 白肌の美女の異常な夜」(スペイン)

<<   作成日時 : 2013/02/23 01:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

他人の不幸こそ唯一の幸せ 
 バルセロナのマンションで住み込みの管理人として働く中年男、セサル。一見まじめで大人しそうな彼には、とんでもない秘密があった。
 彼は若くて美しい住人クララの部屋に毎夜忍び込んでは、彼女の帰宅をベッドの下で待ち続け、彼女が寝静まるや、薬をかがせて昏睡にし、その身体を欲望のままにもてあそんでいたのだった。
 しかもその異常な行動は次第にエスカレートしていき。(「allcinema」より)

スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜 - goo 映画

 正に「ルール」で語られていた都市伝説そのものの設定だったな。

 マンションの管理人である中年男のセサルは、合鍵を使って若く美しい住人クララの部屋に毎夜忍び込み、ベッドの下で彼女の帰宅を待ち、彼女が寝静まると密かに薬をかがせ、彼女の体を欲望のままにもてあそんでいた。

 「スリーピング・ビューティ 禁断の悦び」「禁断メルヘン 眠れる森の美女」など、最近眠り≠題材とした作品を観ると、そのままこちらも眠りに誘われそうになるのだが、本作に関しては全くそんなことはなかったな。

 もちろんエロティックさがあったのも要因ではあるが、結構セサルの行動は異常なのだが、ちょっと面白いところもあり、更にいつそれがばれるや、という危うさもあって、ある意味緊張感のある作品だったということもあったかな。

 最初は、眠っている彼女の体をさわったり、添い寝をしていたりという行為であったが、徐々にクララの歯ブラシを使ったり、虫の卵を化粧棚に植え付け、部屋中を虫だらけにしたりするという行為に及ぶ。

 そんな行為を夜な夜な行っていたセサルであるが、クララの彼氏が戻ってきてから、ちょっと状況が変わっていき、いつ彼の行動がばれるのか、かなり際どくなってくる。

 そんな大胆なことを行っていたセサルであるが、ちょっと間の抜けたような感じもあり、これは最終的にはバレて終わりなのかな、と思ったが、終盤そんな思いとは別の方向に進んでいく。

 クライマックス、一度その行動がバレるセサルであるが、そこでどういう展開になるのか、と注目であったが、ちょっと意外で、運が良かったのかという感じである。

 しかし、クララの部屋に忍び込むのを見ていた隣に住む少女に対して、最後にセサルがとった行動など見ると、結構セサルって、ずる賢く、凶暴な男だったのかもしれないという感じにも取れる。

 普段は、住人に愛想良くしたり、クレームをつける住人に対し、ただ黙ってそれを聞いているだけのセサルであるが、最終的に彼が達成したことは、何ともその異常さを表している感じだったな。

 程よい絵エロティックさと、程よい緊張感があり、そしてセサルという男の見せる恐ろしさなど、最後まで惹き込まれる作品だった。

/5

監督:ジャウマ・パラゲロ
出演:ルイス・トサル、マルタ・エトゥラ、アルベルト・サン・ファン、ベトラ・マルティネス、カルロス・ラサルテ
於:シアターN渋谷
Sleep Tight [DVD] [Import]


Amazonアソシエイト by Sleep Tight [DVD] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スリーピングタイト 白肌の美女の異常な夜
うわっこれ変態映画だった!しかもストーキングされる女性の反撃展開がないものだから、スカッと感もないよ。 管理人セサルが住人クララのもとに忍び込みまくるという展開で、合鍵を使って部屋に侵入し寝静まるまでベッドの下に隠れてクロロフォルムを使用して深く眠らせ、歯ブラシを使用するのなんて可愛いもの、化粧品に薬品を混ぜてわざと肌荒れさせたり、彼女の嫌いな虫をさまざまな場所に誘致させたりするなど奇行を続けていき…。 そういえば昔、古賀新一さんの漫画で同じアパートの女性をストーカーする男の話があっ... ...続きを見る
いやいやえん
2013/04/02 08:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-378「スリーピングタイト 白肌の美女の異常な夜」(スペイン) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる