CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-362「希望の国」(日本・イギリス・台湾)

<<   作成日時 : 2013/02/13 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どんなに逃げても一緒なのかもしれない 
 東日本大震災から数年後の日本。長島県で酪農を営む小野泰彦は、妻の智恵子と息子夫婦と穏やかな日々を送っていた。
 そんなある日、長島県東方沖を震源とする巨大地震が発生する。
 やがて長島第一原発が事故を起こし、原発から半径20km圏内が警戒区域に指定されると、ギリギリで圏外となった小野家に対し、隣家の鈴木家は強制退避を命じられることに。
 自らは残る決断をした泰彦も、国家はあてにならないと、息子の洋一には夫婦で自主避難するよう説得する。その後、避難先でおめでたが判明した洋一の妻は、次第に放射能への恐怖を募らせていく。
 一方、避難所生活を強いられている鈴木家では、長男ミツルが恋人ヨーコと一緒に、消息の掴めない彼女の両親を探して海沿いの町を彷徨い歩いていた。(「allcinema」より)

希望の国 - goo 映画

 長島県という架空の県のある都市を舞台に、原発事故によって翻弄される家族の姿を描いた作品。

 東日本大震災による福島県の原発事故があった後に、この作品を製作、公開するというのはなかなか勇気がいるような気がしたな。

 話の設定としては、福島県を長島県に置き換えているわけでなく、福島県の原発事故が発生した後という設定であったな。

 地震が発生、その後原発事故により、原発から20キロ圏内が警戒区域に設定され、圏内の住人は強制的に家を追われる。

 小野泰彦と家族が住む家の庭がちょうど境界線となり、その外側となった小野家は圏外として強制退去は逃れる。

 家に残った小野泰彦と智恵子の老夫婦。
 泰彦によって強制的に家を出された、泰彦の息子、洋一と妻のいずみ。
 小野家の隣人で、強制退去させられた鈴木家の息子ミツルと彼女のヨーコ。

 物語はこの3組の姿を並行的に映し出して、話を展開させている。

 全ては、原発事故によって理不尽な状況へと置かれ、別れ別れとなってしまった3組の男女の運命と、信念を描いているようだ。

 原発に対してどうのこうのと言っているような作品ではないが、原発事故によって、近隣住民がどのような状況に置かれているのかを訴えているような内容だったな。

 最初はそれ程事故の影響を気にしなかったいずみが、妊娠したことが判った後に、端から見れば異常なまで放射能の影響を恐れるという姿が描かれている。

 普段外出する時にも、防護服を着て、家の中は外からの空気が入ってこないように閉め切り、防護カーテンまでひいている。

 周囲の人間は笑ったりしているが、これってあながちおかしな行動でもないような気もするな。

 これまで、「冷たい熱帯魚」「恋の罪」など、暴力的でエロティックな話の多かった園子温監督作品であるが、本作はそのあたりは全く無い。

 しかし、異常なまでの対応を見せるいずみの姿と、それを支えようとする洋一。

 行方不明となった家族の消息を求め、廃墟のようになってしまった街を彷徨うヨーコと、それに付き合うミツル。

 長年住み慣れた家を出ることなく、飼っていた牛たちを殺さざるを得なかった泰彦と智恵子が決断したこと。

 それぞれの言動と、それぞれが見せる信念の描き方が、ちょっと園子温らしく感じたかな。

 ラストは果たしてこれで幸せなのかは何とも言えないが、未来に希望を見出そうとする結末だったな。

 考えさせられる内容であったが、それ故興味引き立てられる作品でもあった。

/5

監督:園子温
出演:夏八木勲、大谷直子、村上淳、神楽坂恵、清水優、梶原ひかり、筒井真理子、でんでん
    菅原大吉、山中崇、河原崎建三、浜田晃、大鶴義丹、吹越満、伊勢谷友介、手塚とおる
    占部房子、堀部圭亮、田中哲司、田中壮太郎、本城丸裕、深水元基、大森博史、松尾諭
於:新宿ピカデリー
希望の国 [DVD]
松竹
2013-03-07


Amazonアソシエイト by 希望の国 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-362「希望の国」(日本・イギリス・台湾) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる