CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-360「新しい靴を買わなくちゃ」(日本)

<<   作成日時 : 2013/02/11 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人間はどこか行っちゃうからね 
 妹のスズメに付き添ってパリ観光にやって来たカメラマンのセン。
 ところが、単独行動をしたいというスズメに置き去りにされ、途方に暮れてしまう。
 そんな時、ひょんなことからパリでフリーペーパーの編集をする日本人女性、アオイと出会い、やがて2人は意気投合。
 そしてカメラマンとして彼女の取材に同行し、パリを満喫していくセンだったが。(「allcinema」より)

新しい靴を買わなくちゃ - goo 映画

 舞台がパリ。
 靴のヒールが折れてしまった女性と、偶然そこに居合わせた男性。

 ふとしたことで知り合った二人が、パリで3日間一緒に過ごすことによって、意気投合し、やがて心を開き、惹かれ合う姿を描いたロマンティック・ストーリー。

 妹のスズメの誘いでパリにやって来たカメラマンのセンであるが、パリに着いたとたんに置き去りにされる。

 そんな時、パリでフリーペーパーの編集をしているというアオイと出逢い、特にすることもなかったセンは、彼女の取材に同行させてもらう。

 基本的にはラブ・ストーリーである。

 しかし、思っていたほどにラブの部分に重きを置いている感じではなく、出逢った2人が一緒に時間を過ごし、お互いの環境や心情を話し合っていくうちに、惹かれ合っていくという雰囲気を作っている。

 ステディカムで撮影され、ほとんど照明も使用されていなかったらしく、なるほど、パリの日常風景の中で、2人の行動を映し出している。

 ちょうど時期がイースターの頃だったかな。
 店で売られている、飾り付けされた卵の取材や、アオイが住んでいるアパートの住人が作る料理など、パリの日常紹介のような映像もあり、王道的な観光案内のような映像もある。

 センとアオイは、お互い惹かれ合っていることは判っているが、お互いの状況を考え、そう簡単にスキとか言うことはない。

 ドラマティックな要素は抑え目であり、2人の関係がどう結するのかは興味深かった。

 同時に、スズメはパリに住んでいる彼氏のカンゴと一緒に過ごすのだが、こちらも恋に決着を着けようとする展開であった。
 ほとんどラブラブのシーンを映し出すだけのような気もしたが。

 ドラマティックな演出は抑え目で、物足りないと感じる部分もあるが、こういうラブストーリーもある意味心地良い雰囲気があるものである。

 パリという街が大きな要素となっていた感じがする作品だったな。

 アオイを演じていたのは「サヨナライツカ」の中山美穂、センを演じたのは「Paradise Kiss パラダイス・キス」等の向井理。

 スズメは「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」等の桐谷美怜に、カンゴを演じたのは「ヘルタースケルター」等の綾野剛。

 キャストとしては、なかなか豪華な顔触れだった気がする。

/5
監督:北川悦吏子、向井理、桐谷美玲、綾野剛、アマンダ・プラマー
於:新宿バルト9
『新しい靴を買わなくちゃ』DVD通常版
キングレコード
2013-04-12


Amazonアソシエイト by 『新しい靴を買わなくちゃ』DVD通常版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-360「新しい靴を買わなくちゃ」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる