CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-347「死ガ二人ヲワカツマデ・・・ 第一章 色ノナイ青」(日本)

<<   作成日時 : 2013/01/30 01:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自分が死ぬことより、あなたがいなくなることが怖かった 
 生きることに何の執着も無いメイファと悲しい過去から殺し屋を志望する少女・海は、ある日出会い不思議に惹かれあっていく。
 そんな中メイファと殺しあう宿命を背負った男・黒騎や兎黒たちが現れ壮絶な戦いが始まる。
 運命の出会いを果たしたメイファと海の行き着く先は。(「goo映画」より)

死ガ二人ヲワカツマデ… 第一章 色ノナイ青 - goo 映画

 「女々しくて」が大ヒット、2012年の紅白歌合戦にも出演した、金爆ことゴールデン・ボンバー≠フメンバーの一人である、喜屋武豊主演のアクション。

 「第一章」とあるとおり、この後に「第二章」も公開され、二部作のようである。

 幼い頃に母親を亡くし、父親からはDVを受け、今は世間から隠れるように裏社会で殺し屋として生きる、喜屋武豊演じる、日系中国人のメイファ。

 そんな彼が、殺し屋を志願する少女、海と出逢う。

 能天気なほどの彼女の明るさに、やがてメイファも心を許し、お互い惹かれ合っていくが、そんな2人を不思議な力を持つ集団が追い詰めていく。

 メイファ、そして彼を追うことになる緋崎に雇われている若い男女たちは、激しいアクションを見せるのだが、序盤からメイファと、黒崎や饗児らが激しい闘いを見せる。

 最初は仲間かと思ったが、いきなり闘うシーンになり、その理由もよく判らなかったな。
 一応メイファを狙う理由が、緋崎にはあったみたいである。

 しかも、その緋崎は何やら怪しげな研究を行っており、それは少々人知を越えるもののようである。

 実は、メイファも黒崎たちも拳銃で撃たれただけでは死ぬこともなく、どうやら特殊能力の持ち主という設定のようである。

 ただ、撃たれただけでは死なないシーンもあるが、途中撃たれて退場したりするので、そのあたりのシステムがちょっと判らなかったな。

 緋崎が、メイファと闘わなければならないと言って、彼を追う理由自体も最後までハッキリしなかったような感じである。

 クライマックスは、2人で逃げたメイファと海が、緋崎たちに追い詰められ、最後の闘いとなるのだが、何ともスッキリしない結末だったな。

 特殊能力を持った者同士の闘いという設定のアクションはなかなか見応えあり、喜屋武豊もほとんど無表情で、生きることに執着のない、いかにも裏社会に生きる男という感じで良かったな。
 アクションも様になっていたかな。

 ストーリー内容、設定などがちょっと判りづらいのが残念だった。

 個人的には、メイファが居候している家の家主で、整体師を演じていたのが誠直也で、メイファがたまに飲みに立ち寄るバーのマスターを演じていたのが宮内洋だというのが、ちょっとツボだったな。

 アカレンジャー、アオレンジャーが揃い踏みである。

 ついでに言うと、メイファを追う緋崎を演じていた川原正嗣は、川越シェフに見えて仕方なかったな。

/5

監督:松村清秀
出演:喜矢武豊、野水伊織、中河内雅貴、誠直也、高田聖子、宮内洋、関智一
    川原正嗣、葵、上原歩、高野八誠、山本カナコ、村木仁、郷本直也
    松尾れい子、宮下ともみ、吉田エマ、土倉有貴、高樹京士郎、マツイカズアキ
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
死ガ二人ヲワカツマデ… パンフレット 喜矢武豊 ゴールデンボンバー
喜矢武豊 ゴールデンボンバー


Amazonアソシエイト by 死ガ二人ヲワカツマデ… パンフレット 喜矢武豊 ゴールデンボンバー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-347「死ガ二人ヲワカツマデ・・・ 第一章 色ノナイ青」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる