CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-314「ポテチ」(日本)

<<   作成日時 : 2013/01/02 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

塩味も食べてみれば美味しかった 
 空き巣を生業とする青年・今村忠司とその恋人・大西若葉は、とあるマンションの一室に忍び込む。そこはプロ野球のスター選手・尾崎の自宅。
 今村はなぜか尾崎にご執心で、尾崎の話になるとつい熱くなってしまう。
 すると突然、若い女性の声で尾崎に助けを求める電話がかかってくる。放っておけず、尾崎の代わりに女性を助けに向かう今村だったが。(「allcinema」より)

ポテチ - goo 映画

 生年月日が同じ有名人がいると、知らずと応援、肩入れしてしまったりするのだが、自分も永瀬正敏と生年月日が同じで、デビュー時から何かとつい意識してしまう有名人となっている。

 本作は生年月日が同じで、空き巣を生業とする凡人、今村と、プロ野球のスター選手、尾崎という二人の青年の皮肉な運命と縁を描いたヒューマン・ドラマ。

 原作が伊坂幸太郎の中編で、監督が、これまで「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」「ゴールデンスランバー」などの伊坂作品の監督をしてきた中村義洋。

 主演が、やっぱり伊坂&中村作品の出演が多い濱田岳。

 空き巣を生業としているが、どこか朴訥とした感じの、濱田岳演じる今村が、見ていても心地良い感じのするキャラであり、その彼のちょっと変わった朴訥さが、自殺をしようとしてた若葉を思い止まらせ、しかも同居までするようになる。

 そんな、今村が熱心に応援するのが、同郷のプロ野球のスター選手の尾崎。
 生年月日が一緒で、産まれた病院も同じだということ。

 そしてある日今村が「大変なことに気付いてしまったんですけど」と言い出すのだが、大体その言葉を発した時は、大したことを発見したわけでもないので、ついスルーしてしまう感じである。

 健康診断を受けたことを話すシーンや、若葉にコンソメ味のポテチ買ってきて、と言われ、自分の塩味を間違えて渡してしまった時若葉に言われた言葉。
 「塩味も食べてみれば美味しかった。間違えられて良かった」と言われて泣き出す今村。

 結構このあたりのシーンは、クライマックスに明かされる真実に繋がっており、ただ今村の性格を表すためのコミカル・シーンではなかったんだな。

 そのクライマックスからラスト・シーンまでは、球場で今村たちが野球観戦するシーンであるが、結構感動的なシーンになっている。

 今村の優しさがあふれた話になっていたな。
 
 今村に、大森南朋演じる、今村が憧れる兄貴分黒澤など、ちょっとオカシナキャラも登場し、全編ユーモアにあふれた話ではあるが、最後には感動させてくれる作品となっている。

 尾崎を騙そうとしたカップルに対する黒澤の行動は、結構ヤバイことになるのかと思ったが、これまた少なからず黒澤の優しさを表していた感じかな。

/5
監督:中村義洋
出演:濱田岳、木村文乃、大森南朋、石田えり、中林大樹、松岡茉優、阿部亮平、中村義洋、桜金造
於:新宿ピカデリー
ポテチ [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2012-10-26


Amazonアソシエイト by ポテチ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ポテチ
やっぱ濱田岳だな。彼の醸し出す独特の存在感がイイ! ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/01/05 01:28
「ポテチ」 口には出さない秘めた「想い」
伊坂幸太郎さんの短編「ポテチ」を、中村義洋監督が映画化しました。 中村監督は伊坂 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/02/03 20:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-314「ポテチ」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる